韓国国防長官候補、金銭で飲酒運転もみ消しか

韓国国防長官候補、金銭で飲酒運転もみ消しか

2017年06月30日15時03分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  29日、宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官候補に対する人事聴聞報告書は採択されなかった。予定されていた国会国防委員会全体会議は開かれもしなかった。宋候補の任命に対する与野党の賛否が分かれ、幹事間の合意も不発となった。康京和(カン・ギョンファ)外交部長官の場合、聴聞報告書採択問題が長期化する可能性が高まった。

  金学容(キム・ハクヨン)自由韓国党議員はこの日、「宋候補が飲酒運転で警察の取り調べを受けることになると、お金を渡して事件を揉み消したという話を該当の警察から聞いた」という予備役海軍元士P氏の証言を追加で公開した。宋候補側はその間、「お金で事件を揉み消したことはない」と主張してきた。

  金議員によると、P氏は1991年7月、知り合いのソウル鷺梁津(ノリャンジン)警察署の職員から宋候補ら2人が飲酒運転で摘発されたので、2人を助けてほしいという電話があった。この職員は宋候補から助けてほしいという要請を受け、P氏と宋候補を結びつけたということだ。P氏は当時、宋候補を知らなかったが、警察側に事件をうまく解決してほしいという原則的な話を伝えたという。金議員は「P氏は『後に宋候補が警察に50万ウォン以上を支払って事件を揉み消したという話を聞いた』と証言した」と明らかにした。宋候補の主張とは違う内容だ。

  野党3党は宋候補の即刻辞退を求めて波状攻勢に出た。鄭宇沢(チョン・ウテク)韓国党院内代表はこの日、非常対策委員会で「韓国軍全体にこれ以上恥をかかせず、即刻辞退するべきだ」と主張した。金東チョル(キム・ドンチョル)国民の党院内代表も「李明博(イ・ミョンバク)政権、朴槿恵(パク・クネ)政権当時よりも劣る人の人事聴聞会をしろというのは国会に対する冒とくだ」と述べた。朱豪英(チュ・ホヨン)正しい政党院内代表も「金儲けをする人を国防部長官に座らせれば誰がその長官の指揮に従うのか」とし「宋候補は早く決断するべきだ」と批判した。

  しかし朴洪根(パク・ホングン)共に民主党院内首席副代表は「聴聞会を通じてこれまで一方的に提起されてきた疑惑と問題のほとんどが釈明された」とし「候補の経験は目を引くもので、国防改革の適任者であることを確認した」と主張した。

  ◆軍当局、聴聞会での機密流出を調査

  軍当局が宋候補に対する人事聴聞会の過程で軍事機密文書の外部流出経緯に対する調査に入った。軍当局が流出したと把握した機密資料は、監査院の「空軍長距離探知レーダー開発事業」監査結果、鶏龍台(ケリョンデ)勤務支援団軍納不正に対する国防部調査本部の捜査結果、海軍憲兵隊の宋候補飲酒運転調査記録などだ。これら資料は聴聞会を控えて野党国会議員とメディアを通じて相次いで公開された。軍消息筋は「2級秘密に分類され、一部の関係者に限り配布された文書」とし「内部者が関与しなければ決して知ることはできない」と話した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事