<平昌五輪>韓国人の71%、総合4位を期待…直接競技観覧は5.1%にとどまる

<平昌五輪>韓国人の71%、総合4位を期待…直接競技観覧は5.1%にとどまる

2017年12月20日13時10分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
「フィギュアの女王」キム・ヨナが平昌冬季の聖火リレーの一番目のランナーだった「フィギュアのライジングスター」ユ・ヨンと聖火を共に持ち上げている。(写真=コカコーラ)
  韓国国民の71.4%が平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)で韓国の総合4位の目標達成が可能だと考えていることが明らかになった。

  韓国文化体育観光部は20日、第5回「平昌冬季五輪および冬季パラリンピック国民世論調査」を発表した。今回の調査は世論調査専門機関であるメトリックスに依頼して8日から9日まで全国15~79歳の一般国民1000人を対象に実施した。

  韓国は現在の平昌冬季五輪で金メダル8個、銀メダル4個、銅メダル8個を獲得して歴代冬季五輪で最高の成績である総合4位を達成するという目標を掲げている。このような目標に対して「可能」71.4%、「不可能」7.8%、「回答しない」20.8%という世論調査の結果が出た。

  また、大会の成功的な開催の可能性も5回にわたる世論調査の結果のうち最も高かった。成功的な開催の可能性に対する質問に「非常に成功」16.5%、「成功」53.9%となり、70%以上の国民が平昌冬季五輪が成功裏に開催されると見込んでいる。5回にわたる世論調査のうち70%を上回ったのは今回が初めてだ。

  五輪への参加意思は「テレビで競技を視聴」88.4%、「放送・メディアを通してニュースを見る」 54.5%、「競技場で競技観覧」5.1%、「街などで団体応援」2.2%の順であり、競技場で直接競技を観戦すると答えた割合は9月の調査結果である7.1%より2%ポイント下がった。

  文化体育観光部政策担当者は「今回の平昌冬季五輪・パラリンピックが韓国で30年ぶりに開催される五輪であるため、全国民が参加して楽しむ祭りの場になってほしい」とし「大会の準備に支障ないように最善を尽くしたい」と明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事