女優キム・ゴウン-俳優チョン・へイン、見ているだけでも心和むカップル

女優キム・ゴウン-俳優チョン・へイン、見ているだけでも心和むカップル

2019年08月20日11時50分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優チョン・へインと女優キム・ゴウン
  見ているだけでも心が和む。

  映画『ユ・ヨルの音楽アルバム(原題、チョン・ジウ監督)』の公開を控えている女優キム・ゴウンと俳優チョン・へインが「マリ・クレール」9月号と愛らしい魅力があふれるグラビア撮影を行った。

  公開された写真で二人はお互いを向かい合って笑いながら映画の雰囲気が感じられる仲睦まじい姿を見せている。今回のグラビア撮影は暑い中で行われたにもかかわらず、二人の明るくて愉快なエネルギーのおかげで非常に楽しい雰囲気の撮影だったという。

  続いたインタビューで『ユ・ヨルの音楽アルバム』のシナリオを受けた時、初めての感じについてチョン・へインは「ヒロインであるミス役をキム・ゴウンが演じることを知っていたため、感情移入に役に立った」として「全体的な感じが暖かかったし、何よりお互いの傷を慰める二人の主人公の姿を見て癒やされた」と回想した。キム・ゴウンは「シナリオを通じて出会ったミスがとても現実的な人物で共感できる感情を持っているのが良かった」と答えた。

  1994年から2000年代初期を背景にしているため、様々なアナログアイテムに関する話も交わした。「永遠に消えずに存在してほしいと思うアナログアイテム」について二人とも「フィルムカメラ」と答えた。キム・ゴウンは「フィルムカメラはフィルムを一枚一枚、気持ちを込めて撮ることになる」と伝え、チョン・へインは「映画の中にもフィルムカメラが登場するが、誰かを待つ気持ちと切ない気持ちが入っていると思う」と伝えた。

  『ユ・ヨルの音楽アルバム』はラジオから流れる歌のように偶然に出会った二人、ミス(キム・ゴウン)とヒョヌ(チョン・へイン)が長い間すれ違って出会うことを繰り返してお互いの周波数を合わせていく過程を描いた話だ。28日公開予定。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事