韓国ウォン・株を売る外国人…「コリアエクソダス」始まる?

韓国ウォン・株を売る外国人…「コリアエクソダス」始まる?

2018年06月29日10時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「コリアエクソダス」が始まるのか。外国人が韓国内の株とウォンを売り、株式市場と外国為替市場が動揺している。

  米国が利上げのスピードを速めると、新興国は通貨価値と株価が同時に下落する「緊縮発作」にあえいでいる。ここに米中間の貿易戦争が本格化して、外国人投資家は相対的に安全な資産を求めて動き始めた。この衝撃波が韓国市場まで広がってきている様相だ。

  最も大きく揺れたのは外国為替市場だ。28日、ソウル外国為替市場は6.6ウォンのウォン安ドル高となる1ドル=1124.2ウォンで取引を終えた。昨年10月30日(1124.6ウォン)以降、8カ月ぶりの最安値水準だ。今月15日から28日までの間、ウォン価値は対ドルで2.34%下落した。

  「為替レートショック」は国内証券市場にも打撃を与えた。この日、KOSPI(韓国総合株価指数)は前日より27.79ポイント(1.19%)下落した2314.24で締め切った。昨年5月23日(2311.74)以降、1年1カ月ぶりの最低値だ。KOSDAQ(コスダック)市場は800線崩壊を心配しなければならない境遇に置かれた。KOSDAQは前日比16.49ポイント(1.99%)下落した810.20だった。

  外国為替と株式市場の劣勢はウォン資産を売って離れる外国人のためだ。28日、KOSPI市場だけで外国人は2600億ウォン(約257億円)近い株を売った。韓国市場から手を引く外国人の動きが加速している。米中貿易戦争が加熱して新興国危機が大きくなった今月に入り、27日までに外国人は韓国株式市場で1兆2405億ウォン分の株を売った。

  ウォン安が進めばウォン表示資産である韓国株式の魅力が落ちる。国内の株式を処分した後、ウォンを売ってドルに変える需要が高まる。ウォンの価値が落ちると、ウォン資産を再び売るという負のスパイラルが起きて金融市場の衝撃が拡大している。

  ハナ金融投資のソ・ジェヨン研究員は「米中貿易紛争が早期に妥結しなければ、ウォン安はさらに進むほかない」とし「中国の経済指標悪化に伴う急激な人民元安もウォン安の進行に追い打ちをかけている」と述べた。

  専門家の間ではウォン安傾向は当分続くだろうとする見方が優勢だ。ウォンと似たような流れを示している人民元の価値下落に歯止めがかかっていないためだ。

  28日、人民元為替レートは前日比0.0124人民元安となる1ドル=6.6207元台で取り引きされた。昨年12月以降、最も低い水準だ。最近14営業日の間、人民元価値は対ドルで2.68%も下落した。

  問題は今後、人民元の下落幅がさらに大きくなるかもしれないというところにある。まず、中国の景気が鈍化信号を送っている。株価は下落し、負債に苦しめられる民間企業の債務不履行(デフォルト)が増えるなど、金融市場の不安が大きくなっている。

  中国官営研究機関である国家金融発展研究院は「社債不渡り率の増加、流動性不足、株価暴落などで中国金融市場が恐慌に陥る可能性が高い」と警告した。中国金融市場が動揺すれば資金の流出などが続いて人民元安が加速しかねない。

  その上、中国政府は人民元安を容認するような雰囲気だ。関税爆弾などの米国の攻勢に対応して輸出を維持するには人民元安になるほうが有利なためだ。

  米国は中国の先端製品500億ドル分に対して25%の関税を課すことにした。来月6日から適用される。こうなれば中国輸出企業の価格競争力が落ちかねない。人民元価値を落として関税による価格上昇効果を相殺しようとするのが中国の計算だ。

  中国のこのような動きは、しばらく落ち着いていた通貨戦争を刺激する信号弾になるおそれがあるという懸念がある。中国は米国の為替操作国指定を避けるために、これまで人民元の評価切り下げに注意深い態度を示してきた。だが、貿易戦争が本格化すれば中国が立場を変える可能性も排除することはできない。

  ドイツ銀行通貨戦略家のアラン・ラスキン氏はCNBCとのインタビューで「貿易戦争が激化すれば通貨戦争に飛び火する恐れがあるが、米国と中国はどちらもそのような状況にはなってほしくないはずだ」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事