外国人観光客の誘致順位、「韓国は20位」1・2位は?日本を見ると

外国人観光客の誘致順位、「韓国は20位」1・2位は?日本を見ると

2015年05月21日15時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  外国人観光客の誘致順位が公開された。昨年、韓国を訪れた外国人観光客が1400万人を超えた中で、外国人観光客の誘致順位が目を引いている。昨年韓国が誘致した外国人観光客が世界で20番目に多いことが分かった。1位は米国だった。

  20日、国連世界観狂気区(UNWTO)によれば昨年韓国を訪れた外国人観光客は1420万人で前年に比べ16.6%増加し、世界で20位となった。2013年よりも2ランク上昇した。

  世界1位はフランス(8370万人)で、米国・スペイン・中国・イタリア・トルコ・ドイツなどの順だった。

  アジア太平洋の地域別で見れば中国(4位)が最も高い順位で、香港(11位)・マレーシア(12位)・タイ(14位)・マカオ(19位)・韓国、日本(22位)・シンガポール(25位)などの順だった。

  昨年の韓国の観光収入は181億ドルで前年対比24.4%増と前年より3ランクアップの18位だった。世界1位は米国(1770億ドル)だった。スペイン・中国・フランス・マカオ・イタリア・英国が後に続いた。

  一方、就職ポータルキャリア(www.career.co.kr、カン・ソクリン代表)が会社員402人を対象に「会社員が好む海外旅行先」というテーマでアンケート調査を行った。

  まず「今年、海外旅行に行ったか行く計画があるか」という質問には67.16%が「そうだ」と答えた。

  「海外旅行期間はどれぐらいを予定しているか」という質問には「3泊4日」という意見が35.94%で最も多かった。さらに「2泊3日」と「5泊6日」がそれぞれ18.75%で、「1週間」(15.63%)、「2週間以上」(6.25%)、「2週間」(4.69%)という回答が後に続いた。

  「好きな海外旅行先はどこか」という質問には「タイ、台湾、香港など東南アジア」(27.27%)という回答が1位だった。「日本」(18.18%)、「北欧」(15.15%)、「カナダ・米国」(13.64%)、「西欧」(12.12%)、「東欧」(6.06%)、「オセアニア」(3.03%)、「インド」「中国」「メキシコ・南米」がそれぞれ1.52%と分かった。

  「海外旅行を考慮する時期はいつか」という質問には「夏期休暇シーズン」が36.36%と出た。さらに「飛び石連休・ゴールデンウィークがある時ならいつでも」(28.79%)、「秋季」(19.70%)、「春季」と「冬季」という回答もそれぞれ7.58%を占めた。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事