<テニス>世界ランキング4位を破った58位、鄭現が韓国テニスに新たな歴史

<テニス>世界ランキング4位を破った58位、鄭現が韓国テニスに新たな歴史

2018年01月21日12時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  テニス世界ランキング58位の鄭現(チョン・ヒョン)が韓国テニスの新たな歴史を書いた。韓国人選手としては10年4カ月ぶりにメジャー大会16強に進出する快挙を成し遂げた。

  鄭現はオーストラリアのメルボルンで20日に開かれた全豪オープンテニス第6日男子シングルス3回戦で世界ランキング4位でドイツのアレクサンダー・ズベレフを3対2で破った。

  これにより鄭現は2007年9月のUSオープン男子シングルスのイ・ヒョンテク以来となる国際メジャー大会16強に上がった韓国人選手となった。

  現在まで韓国人選手のテニスメジャー大会最高成績は1981年のUSオープン女子シングルスのイ・ドクヒ選手と、2000年と2007年のUSオープン男子シングルスのイ・ヒョンテクの16強だ。

  22日に予定される16強戦で鄭現が勝利すれば韓国人選手としては初めてメジャー大会8強に名前を上げることになる。

  鄭現の次の相手は世界ランキング14位のセルビアのノバク・ジョコビッチだ。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事