【時論】韓国料理グローバル化成功の条件(1)

【時論】韓国料理グローバル化成功の条件(1)

2013年06月14日13時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  歌手PSY(サイ)をはじめとするK-POPの驚くべき躍進を契機に韓流輸出に対する意欲が改めて熱い。このような時にもう一度拍車をかけなければならないことがまさに私たちの韓国料理を世界舞台に出すことだ。それこそないものも作って市場に出す世の中だ。歴史的・文化的価値から商品性まで韓国料理は足りないものはない。食べて、使って、出して売っても枯れることのない泉のような大切な国宝級遺産だ。

  ある国の文化を広めるには食べ物の役割がどれほど重要かは新たに強調する必要もないだろう。フランス・イタリアなど国際的に文化マーケティングに成功した国には食文化が広まらなかった場合はほとんどない。何年か前から国家次元で韓国料理の文化的価値を再確認して国際的に広めることに乗り出したのもこのためだ。グローバル食品市場には中国・日本だけでなくインド・タイの食べ物も韓国より一歩先に立って世界市場に進出した。たとえ一歩遅れても韓国人特有の推進力なら追いつくことは難しくないだろう。

  韓国料理を世界舞台に出すのに最近のような好機はないように思われる。世界的に健康食に対する関心が日々高まる中で、野菜中心の発酵食品が根幹である韓国料理はそれこそグローバル最新傾向にぴったり合うためだ。合わせてヨーロッパをはじめとする世界主流美食業界が新しい味と食材を追求する傾向なので相対的にあまり知られていなかった韓国料理を世界市場に出すのにとても適している。

  成功している海外の韓国料理店の事例をみると韓国料理が世界市場にそびえ立つ日は遠からず見える。一貫した政策を持って体系的な支援が続けば韓国料理の世界化は近い将来大きい実を結ぶことができると確信する。このためにはいくつかの政策が後押しされなければならない。まず若いシェフを体系的に養成しなければならない。関連専門学校を建てるだけでなく奨学金制度を拡充して若いシェフが外国市場を経験できる機会を提供するなど、実質的な支援案を用意しなければならない。彼らが国内外でグローバルな経験を積むことができる機会を提供してこそ将来国際的に競争力のある食べ物を出せるはずだ。

【時論】韓国料理グローバル化成功の条件(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事