「72時間橋」から北朝鮮亡命兵士の救出まで44分…韓国軍は何をしていたのか

「72時間橋」から北朝鮮亡命兵士の救出まで44分…韓国軍は何をしていたのか

2017年11月23日09時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  国連軍司令部が13日、北朝鮮兵士オ氏の亡命過程が撮影された映像を22日に公開したが、疑問点が残る。

  軍当局は事件発生の後、「午後3時14分に北の警備兵3人が板門閣の前の道路から北側の哨所に速かに移動する姿を観測し、亡命と推定される北朝鮮兵士1人が軍事境界線(MDL)南側に逃走した」と明らかにした。この過程で「北の警備兵4人が約40発の射撃をした」とも伝えた。国連軍が公開した映像と一致した。

  ただ、映像にはオ氏が同日午後3時11分に「72時間橋」に接近する前から映っている。車の移動をクローズアップしながら追う姿は、観測者が異常を感じていたという傍証と見ることができる。韓国兵士の姿が登場したのは午後3時55分で、軍が運営する熱線観測装備(TOD)の画面を通じてだった。2人の韓国兵士がオ氏に接近して安全なところに移す場面だった。オ氏が車を捨ててMDLを越えてから40分経過した後だ。軍の関係者は「亡命者が落葉に覆われていて肉眼で確認できず、亡命者を探すのに時間がかかった」と述べた。

  しかしこの日公開された映像によると、午後3時43分、オ氏の周囲に落葉はあったが、把握が難しいほど覆われている状況ではなかった。にもかかわらず12分も過ぎてから韓国兵士が接近したのだ。

  結局、軍当局はオ氏が板門店に接近する4分前の午後3時11分、1キロ手前から見守りながら異常兆候を感じていて、警備兵の攻撃を受けて倒れた場所を容易に把握できたという推定が可能だ。

  また、映像にはオ氏の身柄を確保する場面だけがあり、韓国軍の対応場面は映っていない。44分間、軍当局が十分な対応をしたのかについて疑問が残る。

  映像の中の北朝鮮警備兵はうつ伏せになったり建物に隠れたりして射撃をする姿が出てくる。照準射撃のための動きかもしれないが、韓国軍の対応射撃を念頭に置いたものだ。韓国軍の対応射撃がないため、警備兵1人は身を隠すところがない空間まで出てきて射撃をする場面も出てくる。北朝鮮の警備兵はわずか5分以内に駆けつけて射撃したのに対し、韓国軍はいかなる措置も取らなかった。

  韓国軍は板門店勤務に投入される前、類似の事件が発生する場合、亡命者を保護しながら北朝鮮兵の追撃をかわす訓練をする。また緊急状況への対応も準備している。このような訓練と対応は実戦では見られなかった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事