南北、日帝時代の強制徴用朝鮮人の遺骨還収に乗り出す

南北、日帝時代の強制徴用朝鮮人の遺骨還収に乗り出す

2018年06月29日09時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国と北朝鮮が、日本強制占領期間に強制徴用されて死亡した後、日本で埋葬された朝鮮人の遺骨還収のために共同で取り組むことにしたと民族和解協力汎国民協議会(南側の民和協)の金弘傑(キム・ホンゴル)常任代表議員が28日明らかにした。

  金議長は昨日、記者懇談会を開き「北側と今年初めから日本にある強制徴用朝鮮人の遺骨を還収するための共同対応問題について協議してきた」として「南北共同推進委員会を構成することにした」と話した。金議長は翌月16日平壌(ピョンヤン)を訪問し、北側の関係者と共同推進委員会構成に関する合意書を締結する予定だ。

  南側の民和協は、北側の民和協と関連事業について議論してきた。金議長は「これまで北側と中国で接触もし、ファックスで意見交換をしてきた」として「14日に北側が南側の民和協の提案に同意するとファックスを送ってきた」と話した。

  北側はファックスで「貴協議会(南側の民和協)が提案した朝鮮人遺骨送還に関する私たち(北側の民和協)の意見を送る。日本に散らばっている朝鮮人の遺骨送還に関し、共同推進委員会を構成しようとの提案と、平壌訪問要請に同意する」と述べた。さらに、南側が準備した共同委員会構成および企画案を要請した。委員会の役割や構成、今後の計画などは今後議論する予定だ。

  金議長は「当初から北朝鮮を念頭に置いて事業を始めたわけではない」として「日本の宗教団体、市民団体など意見を共にする方々と協議をしていた中、在日本朝鮮人総聯合会の方が事業に多く参加されていることを知り、(北側との協力事業で)推進することになった」と説明した。日本が自国民の遺骨送還に積極的であるだけに、強制徴用朝鮮人の遺骨送還にも拒否感がないものと民和協側は期待している。

  現在、日本で埋葬されている朝鮮人遺骨の具体的な数は確認されていない。南側の民和協は、日本の神社や寺などに収められている遺骨を約2200柱だと推定している。しかし、実態調査をすればこの数はさらに増える可能性が大きい。身元が確認された遺骨は南と北の家族に渡す計画だ。金議長は「まだ一つのアイデアに過ぎないが、非武装地帯に平和公園が造成されれば、そちらに強制徴用者の方々を祭って、南北が共同で参拝できるようにする可能性もある」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事