【コラム】「五獣不動格」で見る韓中関係(1)

【コラム】「五獣不動格」で見る韓中関係(1)

2016年09月16日14時06分
[ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
イラスト=カン・イルグ氏
  歴史を見ると、アジアを支配する者が真の世界の覇権者だった。アジアの覇権は1840年まで中国の手中にあり、1840年のアヘン戦争から中国が海洋大国建設を叫んだ2012年までの172年間は欧州と米国の足元にあった。「眠れる獅子を起こすな。中国が目を覚ませば世界を震撼させるだろう」。フランスの英雄ナポレオンが1803年、中国を地図で指さしながら語った言葉だ。すでに18世紀に清に入ったフランスの宣教師を通じて、中国の潜在力と実力を看破した世紀の英雄にふさわしい予想だった。

  今回のTHAAD(高高度ミサイル防衛)体系配備は例えるなら、中国という獅子が米国が抱え込んだ韓国をやり込めようとするが、韓国はこれを監視しようとする米国に望遠鏡を設置する場を貸し、中国の脅威を感じている局面だ。中国は米国に触れることはできないが、相対的に弱い韓国は叩くことができると威嚇している。いまTHAAD配備問題は韓半島(朝鮮半島)の安保が最も重要だが、より大きく見ると米国の中国封鎖戦略と中国の海洋進出戦略の衝突で、米国の「アジア回帰(Pivot to Asia)」と中国の「海洋シルクロード(Marine Silk road)」戦略の衝突といえる。

  ◆中国「米国の揺さぶりも領土問題は譲歩ない」

  中国の習近平主席は表情外交をする。日本の安倍首相とは目も合わせずに握手し、中国の戦勝記念日に出席した韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領には明るい笑顔で握手した。「上に天国あり、下に蘇州・杭州あり」。中国の暮らしやすいところが蘇州と杭州だ。主要20カ国・地域(G20)杭州首脳会談で米中、韓中首脳会談が行われた。G20で笑顔で客を迎えた習近平主席は「同じところを求めて異なる点は残しておく」という意味の「求同存異」戦略を使った。

  杭州の西湖の周辺を散歩しながら行われた米中首脳会談で、米国が中国に提起した南沙諸島問題と中国が米国に提起したTHAAD問題は「お互い話しただけで相手の話を聞くことはなかった」という言葉に要約できる。韓中首脳会談も同じだった。THAAD配備問題についてはお互いの立場を確認する程度であり、ただこれ以上は争いを拡大しないという意図を読み取ることができた。

  陰謀と戦略の国の中国は求同存異の戦略をどのように終わらせるのか。習首席のG20首脳会談開幕演説に答えがある。習首席は演説の最後に宋で詩の一部を引用して結論を出した。米国と西側がいくら揺さぶっても中国は領土問題で譲歩せず、これを守る実力と自信があるということを表現した。(中央SUNDAY第496号)

【コラム】「五獣不動格」で見る韓中関係(2)

【コラム】「五獣不動格」で見る韓中関係(3)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事