<韓日世界遺産葛藤>日本外相、「朝鮮人強制労働ではない」主張

<韓日世界遺産葛藤>日本外相、「朝鮮人強制労働ではない」主張

2015年07月06日11時51分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  岸田文雄外相は5日、日本の近代産業施設の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産登録に関連し、該当施設で朝鮮人強制労働があったことを認めたわけではないと明らかにした。

  NHKなど日本メディアによると、岸田外相は世界文化遺産登録が決まった直後、都内で記者団に会い、佐藤地ユネスコ大使の発言に対して「強制労働を意味するものではない」と述べた。

  これに先立ち、世界遺産委員会に出席した佐藤大使は「1940年代にいくつかの施設で、意思に反して連れてこられ、厳しい環境の下で働かされた多くの韓国人らがいたことについて、理解できるような措置を講じていく」と伝えた。

  岸田外相はまた、韓日間の財産請求権問題について「完全かつ最終的に解決済み」という立場に変わりはないと述べたことを日本メディアは伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事