韓国航空宇宙研究院「月探査事業を持続的に推進」

韓国航空宇宙研究院「月探査事業を持続的に推進」

2014年12月31日14時10分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  趙光来(チョ・グァンレ)韓国航空宇宙研究院長は2015年の宇宙開発への意志を表した。

  趙院長は2015年に向けたあいさつで、「国政課題を支障なく推進するため、宇宙発射体の自力開発に総力を挙げ、人工衛星および衛星活用技術の産業化を強化する」と明らかにした。

  趙院長は「発射体分野で安定的な予算確保をもとに、韓国型発射体の開発に全力を尽くす」とし「2015年は韓国型発射体開発の1段階事業が完了し、2段階事業が着手される時期であり、構成品別試験とエンジン組み立て、エンジン燃焼試験などが計画されている」と伝えた。

  新年の予算に反映されなかった「韓国型月探査船」事業については、「2016年には着手できるよう総力を挙げる」とし「今年は研究院独自の財源を投資し、月探査組織を研究団に強化し、試験用の月軌道船と深宇宙地上局の設計を遂行する計画」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事