<平昌五輪>日本語通訳の50代韓国人が死亡…前日に胸の痛みを訴える

<平昌五輪>日本語通訳の50代韓国人が死亡…前日に胸の痛みを訴える

2018年02月17日11時33分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)の国内外取材者の宿舎として使用されている江陵(カンヌン)メディアビレッジで、日本放送局の支援業務を担当していた50代の韓国人通訳が死亡した。

  江陵(カンヌン)警察署などによると、17日午前6時45分ごろ江陵メディアビレッジでキムさん(55)が死亡しているのを同僚が発見し、警察に通報した。

  日本語通訳業務を担当していたキムさんは前日、同僚と夕食会をした後、宿舎に戻ってから胸の痛みを訴えていたという。警察はキムさんの同僚から話を聞いて事件の経緯を調べている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事