1400兆ウォン突破した家計負債…金利引き上げ期に「時限爆弾」になるか=韓国(1)

1400兆ウォン突破した家計負債…金利引き上げ期に「時限爆弾」になるか=韓国(1)

2017年11月23日09時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
1400兆ウォン突破した家計負債…金利引き上げ期に「時限爆弾」になるか
  韓国経済の時限爆弾は家計負債だ。負債が多い家計は消費する余力がない。経済が活気を帯びることができない理由だ。もし所得が減ったり利子が増え家計が負債を返済できなければ金を貸した金融会社も不健全化しかねない。金融システム全体の不安につながる公式だ。

  韓国銀行が最近金融市場専門家68人を対象にしたアンケート調査でも回答者の35%が家計負債を韓国金融システムの最も危険な要因に挙げた。国際通貨基金(IMF)ミッション団も14日の年次協議後「家計負債が韓国の金融リスク要因」と指摘した。

  韓国銀行によると可処分所得比の家計負債比率は2013年の134%から昨年は153%に増えた。稼いだ金額(所得)より返さなければならない借金がさらに多くなったという意味だ。特に現在は基準金利引き上げが可視化しているタイミングだ。時限爆弾の秒針は刻々と回っているという意味だ。

  この時限爆弾の爆発力がさらに大きくなっている。韓国銀行が22日に発表した「2017年7-9月期の家計信用」(速報値)によると、7-9月期の家計信用は4-6月期の1387兆9000億ウォンより31兆2000億ウォン(2.2%)増えた1419兆1000億ウォンとなった。統計集計以降で過去最大だ。増加規模31兆2000億ウォンも4-6月期の28兆8000億ウォンに比べ増えた。

  項目別では家計貸付が1341兆2000億ウォンで4-6月期より28兆2000億ウォン増えた。クレジットカード使用など販売信用は3兆ウォン増えた78兆ウォンを記録した。家計信用は家計が金融会社から借りた金額(家計貸付)とまだ決済されていないクレジットカード使用額(販売信用)を含めたものだ。

  家計負債を抑えるための韓国政府の対策にも依然として家計負債増加スピードは速い。1~9月に増えた家計負債は76兆6000億ウォンだ。こうした傾向で進めば今年の家計負債増加額は100兆ウォンに達する恐れがあるとの見通しも出ている。この場合2015年の118兆ウォン、2016年の139兆ウォンに続き3年連続で年間家計負債増加規模が100兆ウォンを超える。

  韓国銀行のムン・ソサン金融統計チーム長は「前年同期比で7-9月期の家計負債増加率9.5%は2015年4-6月期の9.2%の以降で初めて1桁台に下がったが、2010~2014年の平均増加率6.9%よりは高い水準」と話した。

1400兆ウォン突破した家計負債…金利引き上げ期に「時限爆弾」になるか=韓国(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事