訪韓した『孤独のグルメ』松重豊「韓国での人気実感」

訪韓した『孤独のグルメ』松重豊「韓国での人気実感」

2018年09月04日10時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
日本の俳優、松重豊
  日本で2012年から始まったドラマ『孤独のグルメ』は『深夜食堂』と並んで食ドラマブームを巻き起こした「モッパン」ドラマの代表格だ。モッパンとは、食べる場面に重点が置かれている映像・放送のことで、韓国では一つのジャンルとして位置づいている。さまざまな人物のエピソードを深夜食堂という空間と融合させて描いた『深夜食堂』よりも、さらに「食べる」という行為に迫ったドラマだといえる。毎回25分前後の放送時間のうち、3分の2以上を食べるシーンに割いている。今年、シーズン7まで放送された。

  俳優の松重豊(55)は主人公の井之頭五郎に扮してシーズン1からこのドラマを7年間引っ張ってきた。ソウルドラマアワーズへの参加のために韓国を訪れた松重豊は3日、「韓国にくる時、『孤独のグルメ』は本当に人気のかどうか疑ったが、待ち行く人々の多くが私のことを知ってくれていてようやく実感した」と語った。

  『孤独のグルメ』は、毎回これといった事件も、感動も、ユーモアもない。ただ仕事を終えた主人公が空腹を感じて、そのたびに近くの初めて行く食堂で食事をするだけだ。ところが、松重豊が料理を食べる姿ひとつでだけで視聴者は目はそれにクギ付けだ。松重豊は「俳優の特性上、実際には思う存分食べることはできないが、食べる楽しみと喜びは重要だと考える」と話した。おいしく食べる秘訣はと聞くと、迷うことなく「空腹」と答えた。松重豊は「孤独のグルメは実際の放送順に撮影が進んでいくため、初めの一口を食べた時の感動を伝えることが重要」とし「この瞬間のために撮影前には食事を抜いて空腹の状態で撮影に臨む。空腹ほどすばらしい調味料はない」と話した。

  『孤独のグルメ』は今年5月に韓国編も撮影した。海外ロケはシーズン5の台湾に続き2番目だ。当時、全州(チョンジュ)とソウルを訪れた松重豊は、ビビンバに清麹醤(チョングクチャン)を入れて混ぜて食べ、豚カルビとトッポッキを味わった。松重豊は「清麹醤とビビンバは混ぜるほどに味が変わり、もう二度と味わうことができないものの、奥深い味を感じさせてくれた」とし「一度食べた味を全く同じように再現するわけにはいかないが、毎回異なる味に出会えるという期待を持たせてくれる料理」と話した。

  毎回、ドラマは食べるという行為に対して「時間や社会にとらわれず、幸福に空腹を満たす時、束の間、彼は自分勝手になり、自由になる」「誰にも邪魔されず、気を遣わずものを食べるという孤高の行為。この行為こそが、現代人に平等に与えられた、最高の癒しといえるのである」という定義を伝える。松重豊は「食べるというのは単純な行為ではない。初めて行った店で、初めて出会う料理人が作る、初めて見る料理を食べて、予定になかった感動と喜びを感じながら、自らドラマを作っていくこと」としながら「視聴者もこのような理由でドラマをいきいきとしたドキュメンタリーと感じて愛してくれているのではないか」と話した。ドラマに出てくる店はすべて実在する場所だ。制作スタッフは最終選定に先立ち、10回以上訪問して食事の味見をするという。

  20歳のときに演劇でデビューした松重豊は、広告・ドラマ・映画・アニメ声優など幅広く活動してきた。だが、189センチという長身と凄みのある印象のせいで組織暴力団のような悪役や端役だけを主に担ってきた。『孤独のグルメ』は松重豊の初主演作だ。前作の『深夜食堂』にヤクザとして出演し、ウインナーソーセージをおいしそうに食べていたところが『孤独のグルメ』に制作スタッフの目にとまり、これが決定的な契機となった。「人生は本当に長く生きてみるものだ」という松重豊は「韓国の俳優ではソン・ガンホさんが一番好きだ。このような俳優1人だけでも、韓国文化がどれほど優れているかを知ることができる」とし「私も今後、制作者が信じて任せて与えてくれるなら、いろいろな役をやってみたい」と話した。

  『孤独のグルメ』はいつまで続くだろうか。松重豊は「店がすべてなくなるか、私が食欲を失うかの闘いのような気がする」とし「私がおいしく食べさえできれば、このドラマはずっと続くのではないか」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事