<WBC>日本から見る韓国の今大会での没落

<WBC>日本から見る韓国の今大会での没落

2017年03月10日17時11分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
WBC韓国代表
  「これがベースボールというものだ」

  「日韓戦が実現しなければ…」

  「リベンジの機会を失った」

  韓国がワールド・ベースボール・クラシック(WBC)敗退危機に陥った時、日本の野球界から出た言葉だ。韓国が属するA組は1次ラウンドの4つの組のうち最初に試合を始めた。今大会の初戦でもあった6日の韓国-イスラエル戦(ソウル高尺スカイドーム)で、韓国は延長10回の接戦の末1-2で敗れた。WBCで最大のライバル関係にある韓国の敗戦は日本野球界でも衝撃として受け止められた。そして韓国は7日のオランダ戦でも完敗した。

  メジャーリーグ試合中継解説者でありコラムニストでもある福岡県出身の豊浦氏は7日、高尺(コチョク)ドームで韓国-オランダ戦を観戦した。豊浦氏はこの試合を見て韓国代表チームをこのように評した。「精神力を強調する精神論は良くない。しかしメジャーリーグにはメイクアップ(Make Up)というものがある」。メイクアップとは実戦試合のために集中力を高めたり、実力を発揮できるよう冷静を維持する自己管理能力という。豊浦氏は「その部分で韓国はイスラエル、オランダと差があった」と語った。

  豊浦氏は米国で育ったユダヤ系イスラエル代表選手がオフに「故国」を訪問し、精神的に団結した点を取り上げた。オランダの場合、シモンズ、ボガーツ、グレゴリアス、スクープなどそうそうたるメジャーリーガーが代表チームに快く合流したという点を挙げた。豊浦氏は「オランダの国内選手の実力はメジャーリーガーと差がある。しかしスター選手たちがほとんど最高の状態で3月に地球の反対側まで来てチームに合流したという事実がチーム全体の士気に影響を及ぼした」と語った。続いて「一方、韓国代表は姜正浩(カン・ジョンホ)の事件があり、秋信守(チュ・シンス)、金賢洙(キム・ヒョンス)の辞退が良くない影響を及ぼした」という意見を出した。

  そして「2008年オリンピック(五輪)金メダル、2009年WBC準優勝、2015年プレミア12優勝チームも脱落する可能性がある。野球は勝つこともあり負けることもある競技」と評価した。

  日本放送局は危機感を抱いている雰囲気だ。国際大会での韓日戦は日本シリーズより注目されるコンテンツだ。韓国が2次ラウンドに進出してこそ韓日戦が実現する。日本国内のWBC中継権者であるJ SPORTSの関係者は「2次ラウンドで韓日戦が実現しなければブームアップの機会を失う」とし「オランダやイスラエルも興味深いチームだが、WBCは野球ファンだけでなく普通の人たちにも野球をアピールできる機会であり韓国戦は違う」と失望感を表した。

  韓日戦のコンテンツ価値は日本ですでに立証されている。韓国が日本に劇的な逆転勝ちをした2015プレミア12の準決勝の視聴率は22%に達した。その1カ月前に行われた日本シリーズ最終戦(第4戦)の視聴率は12%だった。日本の放送局は7日に行われた日本-キューバのB組開幕戦の途中、韓国がオランダに0-5で敗れたという結果を字幕とハイライトで伝えた。それほど高尺ドームの試合展開に敏感になっていた。

  日本代表チームを運営するNPBエンタープライズの関係者も懸念を表した。この関係者は「韓国が敗退すれば興行の要素が減る。すでに大谷翔平の不参加で打撃を受けている状況」と伝えた。「大谷効果」でWBCの入場券と商品の販売が好調だったが、辞退した後は販売量だけでなく大会への関心も落ちたと憂慮した。また「大谷を中心にした広報物を制作したが、廃棄された数量が多い」とも語った。こうした状況で「宿命のライバル」といわれる韓国の1次ラウンド敗退は日本にはもう一つの興行要素の消滅を意味する。

  メディアも同じだ。日本メディアは6日、7日と連敗した韓国代表について次々と報道した。デイリースポーツは「WBC韓国 次大会予選回りへ 危機感 『野球大国』のプライドにヒビ」と題した記事を出した。日刊ゲンダイは「WBC韓国代表 初の自国開催で連敗もブーイングなしのワケ」という記事を掲載した。「韓国は朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾審判、THAAD配備問題などで野球どころではない」というのがこの記事の分析だ。

  匿名を求めた日本人記者らは「直接対決が消えても、日本の勝利は韓国より実力が上だということを証明するものだ」と伝えた。続いて「ファンはこのような焦点を重要に考える」とし、日本メディアの韓国関連報道基調について説明した。一般の野球ファンも失望感を表した。大阪に住むサトウさんは「プレミア12の借りを返してほしいと思っていたのに、韓国が東京に来ないのでリベンジマッチができない」と語った。

  日本現地では別の意味で「怒っている」人たちがいる。現地で2次ラウンドのチケットを購入しておいた韓国人の留学生や会社員だ。千葉県に住むソン・ジェホさんは「2013年も今年も韓国の2次ラウンド進出を確信してチケットを購入していた」と話した。東京近隣大学留学生会は団体観戦を計画していたが、キャンセルして会費として集めたチケット代を払い戻した。

  日本野球界は韓国野球が今回のWBCで受けた衝撃の余波を分析したり、日本にマイナスという判断も出した。2009年のダルビッシュ有のチェンジアップに三振を喫した李机浩(イ・ボムホ)の姿がWBC韓日戦の最後の記憶だ。あれから8年。韓国も日本もWBCでの再対決を望んだが、実現しなかった。日本人の内心は分かりにくいというが、全体的には残念そうな表情だ。ここには興行カードの消滅という資本主義論理もあった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事