<W杯>「これがサムライ精神か」…日本のボール回しに批判続出

<W杯>「これがサムライ精神か」…日本のボール回しに批判続出

2018年06月29日08時18分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本は28日(現地時間)、2018ロシアワールドカップ(W杯)グループリーグH組最終戦でポーランドと対戦し、後半に0-1でリードされている状況で、攻撃する意志もなくボール回しを始めた。日本の長谷部誠は交代投入され、選手たちに警告を受けないよう気をつけろと伝えた。

  試合後、日本代表の西野監督は「本意ではないが、勝ち上がる上での戦略だった」と釈明した。長谷部も「見ている方々にはもどかしいサッカーだったと思うが、これが勝負の世界」と語った。

  「決勝トーナメント(16強)進出のためにやむを得ない選択」という評価もあるが、日本のボール回しは世界から批判が浴びた。レッドカード、イエローカードで順位を決めるフェアプレー点数に対する指摘もあった。

  英BBC解説委員のマイケル・オニール北アイルランド代表監督は「日本はレベルの低い試合をした」とし「フェアプレー点数は本当にレベルの低い考えだ。サッカーで最も重要なのはゴール。国際サッカー連盟は恥じるべき」と述べた。BBCのパネラーは「今回のW杯で最もあきれる試合」と批判した。

  安貞桓(アン・ジョンファン)MBC(文化放送)解説委員も「この試合の解説のために準備した時間がもったいない」と苦言を呈した。

  日本は今大会第1戦でコロンビアに勝ち、第2戦でセネガルと引き分けた。日本代表の愛称は「サムライブルー」であり、封建時代の武士のように挑戦的なサッカーをしながら拍手を受けた。しかしポーランド戦では世界から批判を受けている。

  あるサッカーファンは「これが日本サッカーのサムライ精神なのか。ベルギーが16強で正義を見せることを願う」と指摘した。日本は決勝トーナメント初戦でG組1位のベルギーと対戦する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事