<WBC>敗退の韓国と連勝の日本の違いは?

<WBC>敗退の韓国と連勝の日本の違いは?

2017年03月10日14時50分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
WBCの韓国代表選手
  2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本代表は、早くに敗退が決定した韓国とは対照的な姿を見せている。韓国は9日、1次ラウンド最終戦で台湾に勝ったが、1勝2敗という成績で敗退した。日本は8日に行われた1次ラウンドB組の豪州戦で勝利し、2連勝で2次ラウンド進出が決まった。

  韓国と日本は中心打線の決定力で悲喜が分かれたとみられる。韓国は6日のイスラエル戦を1-2で落とした後、7日のオランダ戦では0-5で敗れた。3番打者の金泰均(キム・テギュン)と4番打者の李大浩(イ・デホ)は2試合とも不振だった。両選手はこの2試合で計16打数1安打4三振に終わり、中心打者の役割を果たせなかった。

  一方、日本代表の中心打線は活躍した。日本は7日、キューバを相手に11-6で勝った。8日の豪州戦は4-1で勝利をつかんだ。キューバ戦では11点のうち4点が、豪州戦では4点のうち3点が中心打線から出てきた。中心打線の長打力と下位打線の巧打が調和した日本代表の姿は韓国代表とは全く違った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事