韓国外交部「日本の要求に縛られる必要はない。一方的・恣意的主張」

韓国外交部「日本の要求に縛られる必要はない。一方的・恣意的主張」

2019年07月19日15時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国の康京和外交部長官
  韓国外交部は19日、韓国政府の徴用仲裁委員会設置の拒否により日本の河野太郎外相が駐日韓国大使を呼び、談話を発表したことについて「日本政府の一方的で恣意的な主張に同意できない」と述べた。

  外交部当局者は同日、「我々の司法判決と手続き、そして請求権協定上の紛争解決手続に関する日本政府の一方的で恣意的な主張に同意できない」とし「これに関する要求に縛られる必要もないと思う」と述べた。

  また、「問題の真の解決のためには日本が不幸な歴史を直視しながら被害者の苦痛と傷を癒すための努力を傾ける必要がある」と強調した。

  この当局者は「すでに提示した大法院(最高裁)判決の履行問題の円満な解決策を含め、両国の国民と被害者の共感を得ることのできる合理的な方案を日本側と共に議論していくことができるという立場だ」と述べた。

  続けて「日本政府が報復的な性格の輸出規制など一方的な圧迫を止め、外交的解決の場に戻って来ることを期待している」と述べた。

  同日、河野外相が南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国大使を呼び、日本側が定めた第3国依頼方式の仲裁委設置要求期限まで韓国政府が答えを出していないことについて抗議した。この席で河野外相は「非常に残念だ」と述べ「(韓国が)国際法違反の状態を野放しにすることは問題だ」と是正措置を要求した。

  続けて南大使が発言すると河野外相は言葉を遮り「韓国側の提案はまったく受け入れられるものではない、国際法違反の状況を是正するものではない」とし「以前に韓国に伝えたにもかかわらずそれを知らないふりをして改めて提供するのは極めて無礼」と怒りをあらわにした。

  一方、河野外相は南大使と会った直後に談話を発表し、「韓国側によって引き起こされた厳しい日韓関係の現状に鑑み、必要な措置を講じる」と述べた。

  「必要な措置」について具体的に明らかにしなかったが、先に断行した経済報復措置に続く追加報復を取る可能性があるという意味で韓国を圧迫したと見られる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事