韓国車が販売不振…現代車は前進、残りは後進

韓国車が販売不振…現代車は前進、残りは後進

2018年09月04日09時34分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国自動車企業の不振が続いている。現代自動車を除いたすべての韓国車の販売が減少した。韓国自動車企業が3日に公開した8月の販売実績によると、現代車は8月に国内で5万8582台、海外で32万5861台の計38万4443台を販売し、前年同月比で販売台数が9.2%増加した。

  個別消費税引き下げと「ツーソン」マイナーチェンジモデルの販売で国内市場で善戦した。新型ツーソンは昨年11月以降、初めて販売4000台を超えた。また「サンタフェ」が9805台、「グレンジャー」が8905台売れた。「サンタフェ」は国内市場で6カ月連続で最多販売モデルとなった。海外販売は中国と中南米・アジアなど新興市場で特に増えた。ただ、中国市場での販売回復は昨年の実績悪化による影響が大きい。

  現代車を除いた韓国車の販売は低調だった。起亜自動車は計22万3648台を販売し、前年同月比0.2%減となった。国内では現代車と同じく個別消費税引き下げと新型「K9」の発売などで販売台数が7.7%も増えた。しかし賃金団体交渉を進める過程で生じたストライキなどの影響で生産台数が減少し、海外市場で販売が2.0%減少した。

  起亜車関係者は「ロシアや中南米など新興市場では全体的に販売が増えたが、中国市場での不振の影響が大きかった」と説明した。

  韓国GMとルノーサムスン自動車の販売は振るわなかった。韓国GMは8月の販売台数が計2万3101台で、前年同月比44.1%減少した。国内市場の販売は7391台と、3位の双龍車より1664台少ない。長期間にわたり3位を維持してきた韓国GMには屈辱的な実績だ。特に最近発売した「エクイノックス」は97台しか売れなかった。少なかった7月(191台)の半分ほどに減ったのだ。

  ルノーサムスンは国内で13カ月ぶりに販売増加に転じたが、海外販売が前年同月比54.9%も減少した。8月の休暇で工場が2週間ほど止まった影響が大きかった。これを受け、ルノーサムスンの先月の販売台数は7月(1万963台)のほぼ半分の5625台に減少した。

  7月に国内・海外販売が前年同月比で増加した双龍自動車も先月は振るわななかった。国内では「レクストンスポーツ」の販売が停滞して全体の販売が7.8%減少し、海外販売も「チボリ」の不振で18.2%も減少した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事