中国の敗北に終わった「レアアース戦争」

中国の敗北に終わった「レアアース戦争」

2014年08月09日09時34分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米国・日本・欧州連合(EU)が一緒になって中国と正面対立したレアアース(希土類)戦争で、中国の敗北が確定した。世界貿易機関(WTO)上級委員会は7日(現地時間)、中国のレアアースの輸出制限措置をWTO協定違反と最終判定した。米国や日本・EUの提訴をそのまま受け入れた判定だ。WTOは「中国政府はタングステンやモリブデンなどのレアアースに適用する輸出割当量が、正当な措置であることを立証できなかった」として中国政府にWTO規定を遵守するよう促した。

  上級委員会の報告書は29日に開かれるWTO紛争解決機構(DSB)会議で正式に採択される予定だ。報告書が採択されれば、すべての紛争当事国はこれに従わなければならない。中国は「今回の判定をよく調べた後、WTO規定に外れない範囲で天然資源の消費製品に対する管理を改善し、さらにWTOの要求に沿った措置を取る」としながら事実上、承服の意思を明らかにした。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事