現代車、知能型安全技術センター新設…自動運転車の主導権獲得へ一歩

現代車、知能型安全技術センター新設…自動運転車の主導権獲得へ一歩

2017年02月14日06時40分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  現代自動車グループが未来自動車の核心分野である自動運転車の開発に拍車を加える。

  現代自動車グループは13日、研究開発本部内に自動運転開発組織と人材を一つに統合・拡大した「知能型安全技術センター」を新設すると明らかにした。現代車グループは、自動運転技術分野における最高の専門家で、米国GMで自動運転車の先行および量産化開発に初期段階から携わってきたイ・ジンウ博士を知能型安全技術センター長常務として迎え入れる。

  現代車グループは同センターを前面に出して高速成長を遂げている自動運転車分野で主導権を握るために世界で共通して適用できる自動運転プラットホームを開発、グローバル標準化を先導する考えだ。

  イ常務は「全世界で共通して適用が可能な自動運転プラットホームを開発し、グローバル自動運転技術の標準化に現代・起亜車が主導的な役割を果たせるよう努力したい」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事