ニュージーランド訪問した文大統領…「Moon Out」vs「歓迎」 海外同胞の賛否デモ

ニュージーランド訪問した文大統領…「Moon Out」vs「歓迎」 海外同胞の賛否デモ

2018年12月03日13時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
3日午前(現地時間)、ニュージーランドのオークランド戦争記念博物館入口で文在寅大統領の国賓訪問を歓迎する海外同胞と反対デモ隊が交錯している。(写真=青瓦台写真記者団)
  「Moon Out」と「歓迎します」という2つのピケットが同時に掲げられた。ニュージーランドを国賓訪問している文在寅(ムン・ジェイン)大統領の初日の日程だったオークランド戦争記念博物館の入口の様子だ。

  文大統領は3日(現地時間)、ニュージーランド・オークランドにある戦争記念館戦没者記念碑の献花を通じて国賓訪問の日程をスタートした。

  戦争記念館前には文大統領が到着する前から150人ほどの海外同胞が統一旗(韓半島旗・朝鮮半島旗)や太極旗、ニュージーランド旗を持って文大統領のニュージーランド訪問を歓迎するために待機していた。この中には文大統領をひと目見ようとニュージーランド南島から飛行機に乗って駆けつけた人もいた。

  彼らの横には「大韓復興世界連盟」の所属だと名乗るメンバー10人ほどが金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長の答礼訪問などに反対するデモを行った。ニュージーランド現地警察は不測の事態に備えて両陣営に対して文大統領の動線であるメインの階段から離れるよう求めた。

  文大統領はニュージーランド訪問前、機内懇談会を通じて「金正恩の答礼訪問に対する賛否問題」に対して「金正恩委員長の答礼訪問をめぐり国論分裂はありえないと考える」とし「すべての国民が本当に諸手を挙げて歓迎するだろうと信じている」と述べた。文大統領はまた「金委員長のソウル答礼訪問に対して最も気を使う部分が警護や安全の問題ではないだろうかと考える」とし「その部分は我々が徹底して保障しなければならない」とも述べた。

  文大統領の海外訪問時に反対集会が発生したのは非常に珍しい。

  一方、文大統領はこの日、戦没者慰霊碑に献花をして韓国戦(朝鮮戦争)に参戦した勇士14人を直接励まし、伝統模様が描かれた傘を贈り物として手渡した。

  ニュージーランドは韓国戦に砲兵1個大隊や軍艦2隻など延べ人数6020人を派兵した。このうち戦死者が45人発生した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事