河野外相、駐日韓国大使の発言を遮って「極めて無礼」「やめてほしい」

河野外相、駐日韓国大使の発言を遮って「極めて無礼」「やめてほしい」

2019年07月19日14時49分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
河野太郎外相[中央フォト]
  「韓国側はこのような努力の一環として日本側に韓国側の構想をお伝えしてきており、この方法を基礎としてよりよい解決策を…」(南官杓駐日韓国大使)

  「ちょっと待ってください」(河野太郎外相)

  19日午前、日本外務省に呼び出された南官杓(ナム・グァンピョ)大使の発言に対する韓国側の通訳がまだ終わっていないにもかかわらず、河野外相が体を前に乗り出して発言を始めた。

  1965年の請求権協定に基づき日本側が要求した徴用仲裁委設置に対する韓国側の答弁期間(18日夜12時)が特に回答なく過ぎたことに対し、南大使を外務省に呼んで抗議する席だった。

  発言を遮った河野外相は「韓国側の提案はまったく受け入れられるものではない、国際法違反の状況を是正するものではないということは、以前に韓国側に伝えている。それを知らないふりをして改めて提案するのは極めて無礼だ」と声を高めた。

  南大使が先月19日、韓国政府が明らかにした「韓日両国企業が徴用判決の原告に慰謝料を支払う」案に再度言及すると、河野外相は「受け入れられないことをなぜまた提案するのか」と怒りを表したのだ。

  また河野外相は「この旧朝鮮半島出身労働者の問題を他の問題と関連しているかのように位置づけるのはやめてほしい」と述べた。

  外相が対話の途中に相手国大使の発言を遮るのは極めて異例だ。

  この日の面談で河野外相は「韓国政府がいま行っていることは、第2次世界大戦後の国際秩序を根底から覆すことだ」とも主張した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事