【コラム】韓国人の怒りはトランプ氏より力が強い(1)

【コラム】韓国人の怒りはトランプ氏より力が強い(1)

2017年05月02日11時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  やはりトランプだった。「THAADの費用10億ドル(約1115億円)を出せ!」。先週末に届いた費用請求書に民心が仰天した。「今まで見たもの中で神器に近いものすごい装備」なのでタダではダメだというトランプの市場計算に、親米性向の投票者の心が揺れた。押し売り者のトランプが背水の陣まで敷いた。「韓米自由貿易協定(FTA)はひどい交渉だ。したがって再交渉でなければ終了する」と。論理や倫理といったものでは通じない。韓国がTHAADを求めて切に訴えたわけでもないのに費用を払うように求めるとは開いた口が塞がらない。

  そういえば、小人王国のウサギのような大統領選候補があの自分勝手極まりない強大国の猛獣を相手にできるかどうか心配だ。世界政治を商売人論法で一気に変えたトランプ、とぼけているが腹に一物ある習近平、戦利品を自分のモノにするのに慣れている安倍、そしてことが思うままにならないと何をするか分からないプーチン。国際政治の友好的理性を全て放り投げた強大国の猛獣の間に大統領選候補のうち誰を置いても全く様にならない。

  トランプの突発的な動きに対する大統領選候補の反応はもっと情けない。「国会の批准を得る必要がある」という有力候補の文在寅(ムン・ジェイン)候補の発言は責任回避そのものであり、「持って帰れ」という沈相ジョン(シム・サンジョン)候補の強気な一喝は対策のない発言だった。安哲秀(アン・チョルス)候補と劉承ミン(ユ・スンミン)候補は「お金を出すことはないだろう」と釘を刺したが、お金を出すかもしれないという気がした。一方、八つ当たりしている洪準杓(ホン・ジュンピョ)候補は多少もっともらしく見えた。「『カール・ビンソン』船上でトランプに会って一括妥結する」と気炎を吐いた。どこで見たかのような政治英雄の演出を借りてきた。商売人を敵対する度胸が感じられた発言だったが、洪準杓候補があの猛獣の檻から生きて帰ってきそうな確信は得られなかった。小人王国の隊長選抜大会での大言壮語は、ハリス米太平洋司令官の一言より弱かった。「『カール・ビンソン』は2時間で北朝鮮を焦土化できる」。

  中国から平手打ちを食らい米国にお金を出さなければならない呆れ返る状況をどこかに訴えることもできず、一人でつぶやいているのが大統領選政局の討論会だ。それでも各陣営は、投票者の動向に神経を尖らせている。トランプの破廉恥な費用請求書がTHAAD必須論を主張してきた保守候補の支持層を当惑させている。鉄桶のように堅固な安保にはお金を出すほかはないという受け入れ派や、どうせなら得失を計算してみようじゃないかという実利派、プライドを傷つけられた憤怒派に分かれる可能性が大きくなっている。実利派と憤怒派が保守陣営を離れるなら、最大の受恵を受ける人はTHAAD再交渉を主張してきた文在寅候補、その次は条件付き受け入れを主張してきた安哲秀候補だ。突然吹き付けたトランプ台風がTHAAD原則的反対論者である文在寅候補の立場を強めたのは今回の大統領選の最大のアイロニーとして記憶に残るだろう。

【コラム】韓国人の怒りはトランプ氏より力が強い(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事