白頭山、噴火すれば韓国に最大11兆1900億ウォンの被害

白頭山、噴火すれば韓国に最大11兆1900億ウォンの被害

2015年05月21日11時32分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  白頭山(ペクドゥサン)が噴火した場合、韓国に最大11兆1900億ウォン(約1兆2400億円)に達する莫大な財産被害が及ぶという試算結果が出た。

  21日、韓国国民安全処が主管した釜山(プサン)大地球科学教育学科ユン・ソンヒョ教授研究チームによる「火山災害被害予測技術開発」サービスによると、火山爆発指数(VEI)7で白頭山が噴火して北東の風が吹いた場合、韓国全域に火山灰が降って4兆5189億ウォンに達する農作物被害が発生するこという予測結果が出た。

  噴火8時間後から江原道(カンウォンド)を皮切りに火山灰が流入し、48時間後には全羅南道(チョルラナムド)西南部地域を除く韓国全域が影響圏に入る。特に、江原道と慶尚北道(キョンサンブクド)には火山灰が最高10.センチまで積もり、甚大な被害が及ぶことが予想されている。また、済州(チェジュ)空港を除く韓国のすべての空港が最長39時間閉鎖され、最大611億ウォンの財産被害が発生することが明らかになった。

  噴火によって地震が発生した場合、500キロほど離れたソウルなど首都圏はもちろん、釜山に至るまで10階以上の建物に影響が及んで外壁や窓が破損するなどの被害が発生し、ソウルだけで130億ウォンの財産被害が出ることが調査された。これを含めた直接・間接的な全体被害規模は11兆1895億ウォンに達することが推算された。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事