KTX脱線から12日後に今度は列車停電

KTX脱線から12日後に今度は列車停電

2011年02月24日10時10分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  23日午前、ソウル-ムンサン区間を行き来する列車がソウル駅で故障を起こし、運行が1時間30分ほど中断されて大混雑となった。

  事故列車は乗客200余人を乗せたまま、午前8時25分にソウル駅を出発するためプラットホームで待機しているところだった。当時、事故列車に乗ってい乗客は「列車の屋根の上からジリジリという音がした後、バンという音とともに列車のすべての電気が消えた」と話した。

  特にこの日の事故は出勤時間帯に発生し、京義(キョンウィ)線を利用する市民の足に大きな影響が出た。事故列車は現場で復旧されず、ムンサン車両基地でけん引された。

  

【ホットクリック】

・中国の楊外相「韓日防衛協力知っている」…懸念の表明か
・【コラム】崩壊する日本民主党と独島
・恐怖のリビア脱出記...67時間で2300キロを走った
・文化部長官「日本ドラマを開放する時期」
・北朝鮮でも“ジャスミン”漂う…住民の暴動デモ相次ぐ
 
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事