中国、日本を抜いてGDP世界2位

中国、日本を抜いてGDP世界2位

2010年08月02日09時07分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
中国、日本を抜いてGDP世界2位
  



  中国が経済規模で日本を抜き、世界2位になったことが分かった。両国の昨年の国内総生産(GDP)規模と今年上半期の成長率を比較した結果だ。

  中国人民銀行の副総裁を兼任する易綱国家外為管理局長は最近、時事雑誌「中国改革」とのインタビューで、「中国がすでに世界2位の経済大国になった」と宣言した。

  中国政府によると、今年上半期の中国GDPは前年同期比11.1%増。これを年間規模に換算すると5兆5384億ドルにのぼる。

  これに対し8月中旬に発表される日本の上半期GDPは、今年の成長率予測値(2.6%)を適用すると5兆1998億ドルとなる。こうした計算に基づくと、今年上半期に中国が日本を抜き、米国に次ぐ世界2位になったということだ。

  日本経済の成長率が予想を大きく上回るとは考えにくい半面、中国経済は今年9%以上の高成長を継続すると専門家らは見込んでいる。今年、年間GDP規模で中国が世界2位になるのは‘既定事実’ということだ。

  米CNN放送は「中国経済は2025年ごろ米国も抜く」と予想し、「人民元切り上げを考慮すれば世界1位の経済大国になるのは時間の問題」と伝えた。

【ホットクリック】

・北朝鮮から流れてきた‘木箱地雷’が爆発 2人死傷
・韓国人職員が中国人労働者を暴行
・サッカー初の世界3位、彼女たちがつかんだ…U-20W杯
・米国籍コリアン、江南に最も多い
・キム・ヨナ、チョコレートで熱唱「歌手だね」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事