駐韓日本大使館の前にゆっくり近づいていたワゴン車内で「パーン」…「反日感情の焼身自殺か確認中」

駐韓日本大使館の前にゆっくり近づいていたワゴン車内で「パーン」…「反日感情の焼身自殺か確認中」

2019年07月19日12時09分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  19日午前3時24分ごろ、ソウル鍾路区中学洞(チョンノグ・チュンハクトン)のツインツリータワービルA棟の玄関前に止めていた車内で火事が発生してキム氏(77)が大きなけがをした。このビル8~11階には日本大使館・領事部が入居している。警察は現在、キム氏が自ら火事を起こしたと見て経緯などを確認している。

  警察と消防当局によると、キム氏はこのビルの前の道路から歩道に直接ワゴン車を運転して入ってきた。右折しかできず玄関方向に突進することはできない構造となっている。ゆっくり走行していた車の中から突然「パーン」という爆発音が聞こえた。その後、火が起こった。当時、車内には約20個の携帯用ブタンガスと20リットルのガソリン2缶の引火性物質があった。

  日本大使館が入居しているツインツリービルには警察の警備が配置されていたが、あまりにも一瞬で起きたことで阻止することができなかったという。車が停車する前に運転席に座っていたキム氏がライター火をつけて爆発が起きた。該当ビルの玄関は深夜0時から午前5時まで出入りが不可となっており昼間より配置要員も少なかった。

  警察が直ちに119番に通報し、出動した消防隊員は直ちに鎮圧に出た。午前3時32分ごろ、キム氏が救助された。顔や胸、腕など上半身に火傷を負った。救急隊によって近隣の病院に運ばれたが、火傷専門病院に再び搬送されて現在集中治療室で治療を受けている。救助当時、息が止まったわけではないが会話ができないほど深刻な状態だと伝えられた。

  警察と消防当局は火災場所周辺の閉回路テレビやビルの関係者、目撃者、キム氏の知人などを相手に正確な火災の経緯と動機を調べている。火災の便りが伝えられるとすぐにネット上では「キム氏の妻の父が日本強制徴用被害者」という話が広がっている。警察は事実関係を確認中だ。

  警察関係者は「車両鑑識と周辺人の調査などを通して詳しい事件の経緯と動機を把握している」として「反日感情によるものかどうかはまだ明らかにする段階ではない。さらに調べる必要がある」と話した。

  火に焼けた車は鑑識のために移された状態だ。玄関の前は薄いタイヤの跡と煤が残っており、ビルのすぐ前の交通情報センターのそばには火災鎮圧に使ったような消火器4本が並んで置かれている。警察は万が一の事態に備えて火災以降警備要員を18人から20人に増やした。駐車場側に2人をさらに配置した。

  一方、日本大使館が入居したツインツリービルでは過去にも奇襲デモが発生した。2015年韓国と日本政府の慰安婦問題合意に反発した大学生30人が2階のロビーで奇襲デモを行って建造物侵入と集会およびデモに関する法律違反の疑いで警察に連行されたことがある。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事