韓経:中国の低価格EVバスの「遊び場」になった韓国(1)

韓経:中国の低価格EVバスの「遊び場」になった韓国(1)

2019年05月24日11時14分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
中国電気自動車メーカーBYDのEVバス「eバス-12」。このバスは昨年6月、現代自動車と宇進(ウジン)産電 、エジソンモータースなど韓国自動車メーカーをおさえて大田(テジョン)市の市内EVバスのモデル事業車両に採択された。(写真提供=BYD)
  韓国で中国産低価格EV(電気自動車)バスが「疾走」している。1台当たり最大3億ウォン(約2765万円)に達する政府と地方自治体の補助金の後押しを受けているからだ。韓国産バッテリーを搭載した電気自動車に補助金を出さない中国政府の露骨な「差別政策」とは対照的だ。

  23日、業界によると、昨年韓国内に供給されたEVバスは140台(登録基準)であることが分かった。このうち、「マグナム」(中通自動車)、「eバス-7」(BYD)、「Hypers」(HIGER)など中国産EVバスが62台(44.2%)だった。2016年には1台も売れなかった中国産EVバスは2017年(25台)から販売量が伸びている。今年はさらに急増する見込みだ。韓国企業が生産したモデル(4億~5億ウォン)よりも1億ウォン以上安い3億3000万ウォン台で出して韓国市場に食い込んでいるためだ。

  中国企業は韓国市内バス企業にEVバスを売る時、政府(約1億ウォン)と地方自治体(約1億ウォン)から補助金をもらう。低床バス(障害者を配慮して車体を低く作ったバス)は9200万ウォンの補助金を追加で受ける。3000万ウォン前後で中国産EVバスを購入できるということだ。

  業界では公平性論争が起きている。中国ではLG化学、サムスンSDI、SKイノベーションなど韓国バッテリーメーカーが補助金対象から外されてまともに事業さえできずにいるためだ。韓国の中小メーカーは枯死寸前だ。大徳(テドク)大学自動車科のイ・ホグン教授は「バッテリー容量により一律的に支給するいまの補助金制度を見直す必要がある」とし「部品の国産化率を詳しく調べたり、購入時の最小負担金を設定する方案などを検討しなければならない」と話した。

  ◆3億の補助金受ければ中国産EVバスは3000万ウォン…韓国中小メーカー「枯死の危機」

  韓国のあるEVバスメーカーは、先日供給契約を結んだ市内バス会社からあきれる通知を受けた後、悩みが深まっている。中国企業がはるかに低い価格を提示したので、価格を調整しようという内容だった。車の価格を5000万ウォン以上割り引かなければ契約を破棄して中国企業と取り引きするという。

  値段が安い中国産EVバスが押し寄せている。昨年、韓国内に販売されたEVバス140台(登録基準)のうち62台(44.2%)が中国産だった。2017年(25台)の倍以上だ。同じ期間、国産EVバス販売量は74台から68台に減った。業界では画一的な補助金制度のせいで中国産低価格EVバスが市場を蚕食しているという批判を出している。一定の要件さえ満たして申請すれば、車両価格とは関係なく一括的で3億ウォンに近い補助金を与えたため、3000万~4000万ウォンで中国産EVバスが購入えるようになったという指摘だ。韓国メーカーが枯死の危機にさらされている理由だ。

韓経:中国の低価格EVバスの「遊び場」になった韓国(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事