SHINeeの故ジョンヒョンさんの最後を見送る道…仲間やファンが涙の哀悼

SHINeeの故ジョンヒョンさんの最後を見送る道…仲間やファンが涙の哀悼

2017年12月20日07時58分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
SHINeeの故ジョンヒョン(本名キム・ジョンヒョン)さん(28)
  人気アイドルグループSHINeeのジョンヒョン(本名キム・ジョンヒョン)さん(28)が離れた場所には彼を愛した仲間やとファンの涙があふれた。悲痛な気持ちで焼香所を訪れた弔問客は厳粛な雰囲気の中でジョンヒョンさんを追慕した。

  今月18日午後に突然この世を去った故ジョンヒョンさんの焼香所が19日、ソウル峨山(アサン)病院に設けられた。遺族の意向により宗教式で行われた。愛する仲間を失った歌手、業界関係者たちが焼香所に待機し、ファンもまた地下に別途準備された追慕空間を訪れた。所属事務所のSMエンターテインメント(以下、SM)側は関係者とファンが分離した個別の空間でそれぞれ落ち着いて哀悼できるようにした。

  焼香所には故人の両親や姉が弔問客を迎えている。2008年にデビューしておよそ10年間にわたって苦楽を共にしたSHINeeメンバーのオンユ、キー、ミンホ、テミンが喪主を努めて焼香所に詰めている。イ・スマンSM会長は午前早くから病院に来て一緒に焼香所を用意して真っ先に弔問を終えた。BoA(ボア)、少女時代のユナ・ユリ・ヒョヨン、EXO(エクソ)、NCT(エヌシィティ)、Red Velvet(レッドベルベット)らSM所属アーティストも次々と弔問行列に参加し、ソヒョンや防弾少年団もジョンヒョンさんの最後を見送りながら涙ぐんだ。

  SMアーティストは前日からすべてのスケジュールをキャンセルしている。ジョンヒョンさんの急報直後、ラジオDJをしているカンタとNCTは当日マイクを手にとることができなかった。少女時代のテヨンもファンサイン会を中止し、EXOのスホとf(x)ルナもミュージカル『ザ・ラスト・キス』のプレスコールイベントへの参加を取り止めた。

  面識はないが、アーティストであるジョンヒョンさんの音楽を愛した仲間とファンも空虚感を隠すことができなかった。ファンは入口から嗚咽してなかなか焼香所に入ることができない姿も見られた。ジョンヒョンさんが遺書で残した「お疲れさま」という言葉を繰り返し、痛みに気づくことができずすまないという趣旨の言葉を伝えたりもした。

  19日午前、SMは公式SNSに「ジョンヒョンさんはその誰よりも音楽を愛し、舞台を楽しみ、音楽を通じてファンと疎通するのが好きな最高のアーティストです。永遠に記憶していきます」というコメントが入った写真を公開した。舞台の上で一番輝いていたジョンヒョンさんの瞬間を写真で追憶した。

  ジョンヒョンさんは18日午後、ソウル江南区清潭洞(カンナムグ・チョンダムドン)のあるレジデンスで意識不明のところを見つかりすぐにソウル建国(コングク)大病院に運ばれたが、そのまま息を引き取った。焼香所はソウル峨山病院に設けられた。出棺は21日午前9時。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事