‘歴史戦争’に200億ウォン支援…「北東アジア財団」来年予算策定

‘歴史戦争’に200億ウォン支援…「北東アジア財団」来年予算策定

2006年09月09日09時04分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  政府が来年、中国・日本との‘歴史戦争’に200億ウォン(約23億円)を支援する。 予定されていた予算編成ではあるが、最近の中国の「東北工程」論議と重なり関心を集めている。

  企画予算処は8日、「北東アジア歴史研究や独島(ドクト、日本名・竹島)の領有権強化などのため07年度予算のうち200億ウォンを北東アジア歴史財団に支援する計画」と明らかにした。

  北東アジア歴史財団は、中国の高句麗(コグリョ)史編入と日本の歴史教科書歪曲に対抗するための対策を用意しろという盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の指示で昨年4月から準備を進めてきた。 今月末に50人余の組織(研究員は20人余)で発足する予定だ。

  もちろん政府の北東アジア歴史研究支援は初めてでない。 予算処によると、今年も発足準備中の北東アジア歴史財団に54億ウォン(予備費)、高句麗研究財団に60億ウォン、青瓦台(チョンワデ、大統領府)直属の‘正しい歴史企画団’に14億ウォンが配分された。

  ただ、来年度の支援額増加率は2けたの36%となる。 増加率は他の分野の予算に比べて破格的だ。 このため、政府が予算増額を通じて最近の「東北工程」波紋に積極的に対処するという意志を示すものではないかとの解釈もある。

  しかし予算処関係者は「北東アジア財団、高句麗財団、正しい歴史企画団を統合し、人員や研究範囲などを拡張しながら自然に予算が増えた」と説明した。 200億ウォンの支援はすでに計画されたものであり、追加対策の一環として用意したものではないということだ。

  北東アジア財団を監督するパク・ジェギュン教育人的資源部教育課程政策課長は「従来は高句麗財団中心に研究が行われていたが、組織統合を通じて今後は日本の歴史歪曲などについても積極的に対応することにした」とし、「研究員もさらに増やす計画」と語った。

  これとともに政府は独島警備の強化にもさらに多くの予算を投じることにした。 来年配分される独島関連予算は今年度比78%増の1003億ウォン。 日本の絶えない独島領有権脅威にもっと積極的に対処するということだ。 日本は4月にも独島周辺の水路探査に乗り出し、独島をめぐって両国間の緊張が高まった。 政府は増額した予算で1000-3000トン級の艦艇3隻を発注すると同時に、装備の改善などで従来の艦艇の速度を高める計画だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事