韓経:韓国銀行「G7の景気が良くなっても、韓国の輸出は増えない」

韓経:韓国銀行「G7の景気が良くなっても、韓国の輸出は増えない」

2018年08月03日08時52分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  世界金融危機以後、先進国の輸入需要が韓国の輸出に及ぼす影響力が弱まったと分析された。先進国の景気回復傾向が強まり輸入の需要が増えても、韓国の先進国への輸出が大きく増加するのは難しいとの見通しだ。

  韓国銀行が2日発表した「先進国の輸入需要が韓国の輸出に及ぼす影響」報告書によると、主要7カ国(G7)の輸入需要に対する韓国の輸出弾力性は世界金融危機前は2.22で弾力的だったが、危機以後は0.90で、非弾力的に転じた。報告書は、2000~2016年の日本、米国、ドイツ、英国、フランス、イタリア、カナダなどG7の輸入需要が韓国のG7への輸出に及ぼす影響を分析した。

  輸入需要に対する輸出弾力性は、輸入需要が一単位増えた場合、輸出がどれだけ増加したかを表す数値だ。弾力性が1より大きければ、輸入需要の増加より輸出がより大きく増加(弾力的)するとの意味で、小さければその反対(非弾力的)を意味する。今回の研究結果は、金融危機の前まではG7の輸入需要が1%ポイント上昇すると韓国のG7への輸出増加率が2.22%ポイント上がったが、金融危機以後は増加率が0.90%ポイントにとどまったことを意味する。

  これは中国など主な生産基地の部品自給率が上昇するなど、国際分業構造が弱まったことによるものだと研究陣は分析した。

  また、総需要の中で投資など輸入集約度が高い部門の割合が減少した一方、政府支出など輸入集約度が低い部門の割合が増加したことも原因の一つだと分析した。米国などの保護貿易主義が強化され、先進国の景気好調が直ちに輸出増加につながる効果が低下したことに加え、韓国の輸出市場が先進国の他、新興国にまで多角化された影響もあるとの指摘だ。

  報告書は「今後、先進国の景気回復傾向が強まり輸入需要が増加しても、韓国の対先進国輸出の急激な成長につながることは難しい」と明らかにした。また「中国および新興国を含む世界の輸入需要と韓国の輸出の関係に対する研究が追加で必要だ」と付け加えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事