【グローバルアイ】人種差別暴力に鈍感になった英国

【グローバルアイ】人種差別暴力に鈍感になった英国

2017年10月24日10時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  英国南部の都市ブライトンの夜道で今月15日、韓国留学生のキムさんが白人に酒瓶で頭を殴られて歯を折るけがをした。防犯カメラもない路上で起きた人種差別犯罪は当時の状況を収めた動画がフェイスブックに公開されて明るみになった。映像を見て、体格の大きなキムさんがなぜ反撃しなかったのか気になったが、彼との電話インタビューでその悩みを聞くことができた。キムさんは「力で制圧することもできたが、双方暴行沙汰になれば外国人の私だけが追放されかねなかったので我慢した」と語った。ブレグジット(英国のEU離脱)以降、外国人が流入を歓迎しない英国の雰囲気で損だけ被ることを懸念したのだ。

  キムさんは誰かが携帯電話で撮影しているということを知って対応しなかったとも言った。該当の動画は近くのパブの前にいた30~40代英国人が撮影したものだ。衝撃的だったのはパブの前の成人英国人が彼らの衝突を止めないばかりか、むしろ一対一のけんかをあおっていた点だ。キムさんによると、10代の白人がキムさんに食って掛かる間、パブの前にいた男性たちは「やれやれ」とはやしながらこれを楽しむかのように携帯電話で撮影を始めた。暴行犯が酒瓶でキムさんの顔を攻撃した後に「とても深刻だ」と言って一部の動画をキムさんに送ったという。

  10代の暴行犯はキムさんをターゲットにする前には、近くのバス停に座っていた中国人留学生の顔を殴り、この通りの日本食堂でも乱暴を働いて、日本人社長に一部暴力をふるっていたとキムさんは伝えた。こうしたことは現地メディアで伝えられてすらいない。英国警察が同事件の容疑者に対する情報提供を要請して公開した人相や衣服の特徴は「白人10代男性、やせていてブラウンカラーの髪の毛に青い上着と暗い色のコートを着て、灰色ズボンと暗い色の靴を履いていた」程度だ。動画がなかったら、キムさんと同じ大学の友人である日本人女子学生がアジア人という理由だけで殴られた背筋が寒くなるような犯罪を英国司法当局が調査を十分に行ったかも疑問だ。

  だからといってすべての英国人がこの10代と同じというわけではない。現地住民はキムさんの治療費を集める募金サイトを開設した。ソーシャルメディアのコメントも憎悪犯罪を糾弾する内容が圧倒的だ。英国人が情報提供したおかげでキムさんが容疑者を警察に通報し、このうち1人が逮捕に至った。キムさんは「今回のことを経験して暴行犯のような人は少数で、大部分の英国人にはありがたさを感じた」と語った。だが、昨年英国の人種差別の憎悪犯罪は前年に比べて27%増えた。留学生はアジア人を誹謗中傷する若者によく遭遇すると証言する。西欧社会が教育等を通して寛容と尊重の伝統を守る努力をしないなら、すでに活力が落ちている鈍感な外皮だけが残ることになるだろう。

  キム・ソンタク/ロンドン特派員
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事