韓日代表車、実際に乗ってみると互角

韓日代表車、実際に乗ってみると互角

2006年11月12日19時03分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  現代(ヒョンデ)自動車が2日、忠清南道(チュンチョンナムド)瑞山(ソサン)パワーテック工場の走行試験場で記者団を呼んで比較試乗会を開いた。 この日の比較対象車は現代(ヒョンデ)グレンジャーS380とトヨタ・レクサスES350、現代ソナタ2.4とホンダ・アコード2.4だった。 韓国と日本を代表する車種だ。

  ▲現代車グレンジャーS380vsレクサスES350=大型セダンの「韓日Aマッチ(国家代表間の試合)」に値する対決だ。 それだけに優劣を付けるのは難しかった。 グレンジャーS380は滑らかに走る乗車感、レクサスES350はより静かで安定した印象だ。 双方ともに滑らかさ・静かさでは不足点がないほどだった。 最高出力はグレンジャーS380(264馬力)がレクサスES350(277馬力)に比べて劣る。 しかし「価格比での性能」を考慮すると事情は変わる。 フルオプションのグレンジャーS380(4247万ウォン)がレクサスES350(6360万ウォン)より2113万ウォンも安い。 グレンジャーのエンジンの騒音が、静かな車の代名詞であるレクサスに比べても劣らない点が目を引いた。

  ▲現代車ソナタ2.4vsホンダ・アコード2.4=双方ともに世界市場で名前がよく知られたグローバルブランド。 諸元表を比べると、最高出力ではソナタ(164馬力)がアコード(170馬力)に比べ6馬力落ちる。 しかし実際に運転してみると、エンジン技術力で高い名声を得ているアコードだが、瞬発力はやや落ちる感じがする。 またアコードが輸入車であるにもかかわらず、ソナタF24S(3182万ウォン)に近い価格(3490万ウォン)で販売されているということは、それだけソナタも競争力がある車であることを立証している。

  一方、現代車はこの日、「自社の自動車専門家らの評価を総合した結果、現代車の品質が日本車よりもやや高かった」と紹介した。 現代車の関係者は「双方が認める客観的な調査結果ではないが、自信になる評価が出た」と語った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事