「韓国人の血を輸血した」と伝えると…北朝鮮兵士から感謝の言葉

「韓国人の血を輸血した」と伝えると…北朝鮮兵士から感謝の言葉

2017年11月22日13時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
イ・グクジョン教授が今月15日に開かれた1次ブリーフィングで手術中に発見した回虫について説明している。
  亜洲(アジュ)大重症外傷センター長のイ・グクジョン教授は22日、「北朝鮮亡命兵士の手術が非常にうまくいった。回復がとても早い」と述べた。イ教授はこの日、亜洲大病院地下1階亜洲ホールで北朝鮮兵士の現病状に関する2次ブリーフィングでこのように説明した。

  兵士は現在、意識を完全に回復した状態だという。18日午前に人工呼吸器を外し、今は自分で呼吸をしている。銃に撃たれた左肺で肺炎が発生して気管支内視鏡で炎症を除去して抗生剤を投与した。15日の2回目の手術後、発熱症状もなく安定した状態を維持している。また、腕と足の銃創の汚染物と壊死組織を除去して縫合した後、炎症は現れていないという。医療スタッフは兵士の手足を切断するまでには至らないと見ている。

  イ教授は「出血性ショック、腹腔内の糞便汚染と小腸破裂がひどく、寄生虫感染やB型肝炎もあり銃創と手術部位が悪化する可能性が高い」とし「きめ細かな集中治療を行っている」と述べた。

  この兵士からは回虫の他にイヌ回虫症が発見された。イ教授は「イヌ回虫症は大したものではない。ヒト回虫と同じ方法で治療すれば良い」と述べた。また、両肺に「非活動性結核」が見つかった。イ教授は「感染するような結核なのかどうか検査している」と説明した。

  兵士は亡命過程における大きなストレスや銃撃の衝撃などでうつ症状を示しているため亜洲大病院精神健康医学科の医療スタッフが精神治療を始めた。心的外傷後ストレス障害(PTSD)の症状についても調べていて、症状があると診断が出れば治療を開始する予定だ。イ教授は「兵士は治療には協調的だが対話には消極的でうつ症状を示している」と話した。

  北朝鮮兵士には成人3人分のO型血液を輸血した。イ教授は兵士に「この瞬間、あなたに輸血されている血は韓国人の大切な献血によって集められたものだ」と話したという。兵士はこれに対して感謝の言葉を伝えたという。イ教授は「大量輸血にともなう肝機能の悪化に備えて特殊薬物を大量に投じている」と話した。

  イ教授は「患者が改めて手術を受ける可能性はないように思われる」とし「当面は集中治療室で治療し、食事を取り排便をして、銃創と手術部位に後遺症がなければ一般病室に移す予定」と述べた。回復後、患者の扱いはその特殊性や保安などの面を考慮して決める方針だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事