【コラム】人に会わなければならない=韓国(1)

【コラム】人に会わなければならない=韓国(1)

2016年10月17日11時34分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  少し前に友人から電話を受けた。息子が就職したので一杯おごるという内容だった。楽しい気持ちで夕食の約束をした。電話を切ってから「金英蘭法」(不正請託と金品授受禁止法)を思い出した。40年の知己だが、初めて職務との関連性を確かめてみることになった。この友人は証券会社の役員だ。通信社に通う友人と小さな事業をする友人が一緒に会う。これといった関連性は見つけにくい。数えきれないほど会ったが、請託どころか何の仕事をしているのか詳しく話した記憶もない。

  だがだれかが私たちに職務関連性があると責め立てたなら? そうではないことをどのように立証するのか? 困ったことになるのはでないか? 議論に巻きこまれたくなかった。気が重かった。この会合の食事代は持ち回りで出してきた。麻浦(マポ)のカンジャンケジャン店や仁寺洞(インサドン)の山菜ナムル店で会うので多額の金がかかるものでもない。金英蘭法の基準である1人3万ウォン余りだ。友人はおごると言ったが、自分の分は自分が出さなければならないと心を決めた。

  雑念はここで終わらなかった。食事代のn分の1だけ友人に現金で払わなければならないのか? 現金は立証資料が残らないが…。別々にカードで決済しなければならないのか? 友人らと夕食を1回するのに、あれこれ考えてみたら会合自体がやりにくくなった。友人にメッセージを送った。「息子さんの就職おめでとう。今回は都合が悪く参加できない。年末に会おう。私が一席設けるから。ごめん!」

  世宗市(セジョンシ)の公務員も筆者と似たような苦悩をしているようだ。経済部署のY局長は職務関連性があってもなくても、1人当たり3万ウォンを超えようが超えまいが、無条件でn分の1を出すことを決意した。しっかりと考えた。しかし依然としてすっきりしない。彼は「だれかが監視するようであり、誤解を受けるのが嫌で請願人に会わなくなる」と話した。「世宗島」に閉じ込められ世の中の事情に暗い公務員が民間との接触を避けるとは…。毎日向き合っている公務員同士で会議し食事をする。民間の苦情を把握することも、創造的アイデアを期待することも難しい。現実とかけ離れた政策が出てくるほかはない。

【コラム】人に会わなければならない=韓国(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事