【グローバルアイ】時には日本の“オーバー”がうらやましい

【グローバルアイ】時には日本の“オーバー”がうらやましい

2012年05月08日08時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
北朝鮮が人工衛星「光明星3号」を搭載したと主張するロケット「銀河3号」。
  ゴールデンウィーク(GW)と呼ばれる日本の大型連休が6日に終わった。9日間のゴールデンウィークを妬むように天気がいたずらをした。東北地方には暴雨による被害が発生し、連休最終日には茨城県を竜巻が襲った。日米首脳会談(1日)もこの期間中に開かれた。民主党首相のワシントン公式訪問は09年の政権交代後初めてだった。しかし日本人の注目を集めたニュースは別にあった。29日未明に起きた深夜観光バスの事故だ。

  前日午後10時に乗客45人を乗せて石川県金沢を出発したバスは、29日朝に千葉県の東京ディズニーランドに到着する予定だった。しかしバスは午前4時40分、群馬県藤岡の自動車専用道路で防音壁に正面からぶつかった。3500円のバス料金を出してディズニーランド行きを楽しみにしていた乗客7人が死亡し、残りは重軽傷を負った。事故の原因は中国出身の運転手(43歳)の居眠り運転。この事故の波紋は想像を超越した。

  日本政府は観光を募集した旅行会社とバス会社に対する特別監査に入った。低料金観光バス旅行の安全性に国民は不安を抱き、居眠り運転の原因をめぐって大きな社会的論議となった。運転手1人が一日最大9時間・670キロを運行できるという安全基準は果たして適当なのか、旅行会社とバス会社の間の無理な低料金入札競争が事件の背景ではないのかが、連日、俎上に載せられた。運転手が規定上禁止されている日雇い運転手ではないのか、出発前に十分に休息を取ったのか、さらには運転手の下手な日本語がコミュニケーションに影響を及ぼしたかもポイントだった。メディアは政治家の大型金品スキャンダルや航空機テロ事件のようにこの事件を扱った。7人の命を奪った痛ましい事故であるのは事実だが、やや大げさに感じられるほど日本社会は安全問題に対して極度に鋭敏だ。

  先日の北朝鮮ロケット発射当時も似た感じだった。ロケットが沖縄上空を通過する可能性さえも不透明だったが、「胴体と部品がどこに落ちるか分からない」として列島全体が大騒ぎとなった。警報システムがきちんと作動するのか実戦訓練が2度実施され、パトリオットミサイルは東京にも配置された。沖縄で開催された一般人対象のトライアスロン大会組織委員会は「ロケットが墜落する場合、進行要員が黄色い旗を掲げて選手に危険を知らせ、競技を中断させる」というマニュアルまで作った。特別な動きなく淡々としたソウルの姿を日本人はかえって不思議に考えた。

  衝撃的なニュースがあふれる「ダイナミックコリア」が安全問題には相対的に鈍感なのか、それとも日本社会の過度に細かいのか…。単なる日本の「オーバー」だとして済ませるには何か引っ掛かるものがある。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事