【コラム】日本の歴史覆しに対する米国の傍観、自国の損失に=韓国(1)

【コラム】日本の歴史覆しに対する米国の傍観、自国の損失に=韓国(1)

2016年05月16日08時04分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  国際政治は結局、力の世界だ。ドイツの切々たる歴史反省はドイツ人が天使だったからではない。ドイツの安保現実の影響が大きい。冷戦時代、ドイツは極めて危険な国だった。西は西側ビッグ3の米国・英国・フランス、東はソ連治下の東欧帝国に完ぺきに包囲された状態だった。こうした状況でドイツが第2次世界大戦を起こした責任やユダヤ人虐殺を否認するというのは自殺行為と変わらなかった。現実的なドイツ人はいち早く決断を下した。過去の歴史を徹底的に反省して欧州のメンバーシップを認められ、経済で勝負しようということだった。戦後ドイツが灰を踏んで欧州一の経済大国、文明国家になった背景だ。

  日本は違う。ドイツと同じ戦犯国だが、地政学的にはドイツほど難しい状況ではなかった。隣の韓国は経済規模が20分の1にもならない弱小国だったし、中国も竹のカーテンを吊るして文化大革命の狂気に陥った三流国家にすぎなかった。ソ連は欧州に集中して日本に関心を向ける余裕がなかった。日本がドイツと違い過去の歴史を反省しない厚かましい国になったのは、こうした環境の影響が大きい。

  注目すべきは米国だ。戦犯裁判で首脳部を処断した後、経済を復興させ、共産陣営に対抗する砦にしたのは、ドイツも日本も同じだ。しかし過去の歴史をめぐっては違いを見せた。ドイツに対してはナチスの蛮行を絶えず想起させた。米国ビザを申請する外国人に「ナチスに関与したことがあるか」という質問項目が数年前まで存在したほどだ。しかし日本の戦争責任や蛮行に対してはこのように執拗ではなかった。ハワイ真珠湾にゼロ戦の爆撃で沈没した戦艦アリゾナの残骸を記念館にしたこと以外に、米国内で日帝の罪悪を想起させる施設は探すのが難しい。

  なぜこのような違いが生じたのだろうか。米国の根が欧州であるためドイツとの戦争記憶が強く残った側面があるだろう。しかしより大きな理由はワシントンの官民を掌握したユダヤ人のパワーのためだ。ナチスの蛮行とユダヤ人の残酷史を代々伝えて歴史を守ろうとするユダヤ人の努力は想像を超越する。韓国のある漫画がユダヤ人を否定的に描写したとして米国ユダヤ人団体がソウルに飛んできて修正を要求し、米国務省も「反ユダヤ主義」と批判するほどだった。

【コラム】日本の歴史覆しに対する米国の傍観、自国の損失に=韓国(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事