【インタビュー】日本一の富豪になった柳井正ユニクロ会長(上-1)

【インタビュー】日本一の富豪になった柳井正ユニクロ会長(上-1)

2011年03月31日16時58分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
柳井正ユニクロ会長が東京で開かれた新商品発表会でズボンを手に持って見せている。
  



  「日本を代表するブランドはもうソニーやトヨタではない。 ユニクロだ」。こういう言葉もぎこちなくはない。ユニクロは最近、日本で最も好調な企業だ。 多くの日本企業が‘失われた20年’に陥っている時、ユニクロは成長を続けてきた。

  ユニクロの成功の裏には「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」という経営哲学を持つ柳井正会長(62)がいる。 柳井会長は誰もが斜陽産業と見なしてきたアパレル(縫製)事業に飛び込み、約20年でユニクロを世界的な衣類ブランドに育てた。 ユニクロの持ち株会社ファーストリテイリングは昨年、世界2200店舗で8148億円の売上高を記録した。

  米経済雑誌フォーブス誌で09年から2年連続で日本一の富豪に選ばれた柳井会長は、3月11日の東日本大地震の後、個人的に10億円の寄付をして話題になった。 東京六本木のミッドタウンタワー33階にあるユニクロ東京本社で柳井会長に会った。 インタビューは大地震が発生する数日前に行われた。

  --日本で最も成功した企業家と評価されている。 自分で成功したと思っているか。

  「それは全くない。 成功の芽がようやく少し見えてきた程度だ。 成功の境地とはまだ距離がある」

  --自ら考える成功の境地とは。

  「ユニクロが本当のグローバルブランドになることだ。 世界の誰もがユニクロの服を着るようになった時、成功という言葉を言えると思う。 目の前では、H&MやZARA、GAPのようなライバルブランドに追いつくのが目標だ」

  --まだ差は大きいのか。

  「年間売上高でいえばH&MとZARA、GAPは140億-150億ドルで、ユニクロは100億ドル水準だ」

  --それほどなら大変な業績だが、事業成功のカギは何と考えるか。

  「職員教育用の『一勝九敗』(2003)という本でも書いたが、事業には成功だけがあるのではない。 失敗がもっと多い。 新しい事業は特に成功するのが難しい。 失敗を通して学習し、学習を通して成功を追求するのが事業だ。 重要なのは挑戦することだ。 失敗してもそこから教訓を得ればよい。 それが積もって成功へ進む。 私に成功したというが、大したことではない。 自惚れず、さらに挑戦しなければいけない。 成功したと考えた瞬間、そこで終わる」

【インタビュー】日本一の富豪になった柳井正ユニクロ会長(上-2)


【インタビュー】日本一の富豪になった柳井正ユニクロ会長(下-1)

【インタビュー】日本一の富豪になった柳井正ユニクロ会長(下-2)

【ホットクリック】

・韓国政府、実効支配カードで「独島は韓国の領土」念押し
・韓国軍、海上射撃訓練を実施…K-9・バルカン砲3千発発射
・「歴史歪曲・侵略戦争を美化する‘不適切な教科書’」…日本市民団体も反対記者会見
・フィギュア世界選手権、参加名簿を発表
・南極に韓国式地名が登録される
 
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事