クォン・サンウ、「野獣」予告編チェックため劇場に現れる

クォン・サンウ、「野獣」予告編チェックため劇場に現れる

2005年09月15日20時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  映画「美しき野獣」(監督キム・ソンス・製作ポップコーンフィルム)の最後の撮影に臨んでいるクォン・サンウは、13日午後、ソウル三成洞(サムソンドン)COEXメガボックスに突然、姿を現した。

  クォンはTシャツ姿で帽子を深くかぶって現れたが、数人のファンがクォンに気づき、少しの間、騒ぎもあった。

  観客で込み合う劇場にクォンが現れた理由は、「野獣」の予告編のため。 この日、映画「ミスター主婦クイズ王」の記者試写会に先立ち、ティーザー予告編が初めて劇場で上映されることを知り、気になって劇場を訪れたのだ。

  しかしクォン・サンウはこの日、残念ながら予告編を見ることができなかった。 「ミスター主婦クイズ王」の舞台あいさつがなかったため上映が早めに始まり、タイミングを逃してしまったのだ。

  「30歳を契機に何か新しい映画に挑んでみたかった」と言いながら格別な姿勢で作品に臨んだクォン・サンウの熱意が感じられる‘ハプニング’だった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事