第31回ゴールデンディスク賞、防弾少年団ら本賞受賞

第31回ゴールデンディスク賞、防弾少年団ら本賞受賞

2017年01月15日11時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
この日レコード部門新人賞はNCT127とI.O.Iに贈られた。本賞受賞者にはグループSeventeenとMONSTA Xの名が呼ばれた。続けてGOT7、SHINeeが本賞を受賞した。防弾少年団、VIXXがゴールデンディスク本賞受賞を続けた。(写真=JTBCキャプチャー)
  第31回ゴールデンディスク授賞式レコード部門が14日午後5時から一山(イルサン)の韓国国際展示場(KINTEX)で歌手ソン・シギョンと女優カン・ソラの進行で行われた。

  新人賞を獲得したNCT127は「イ・スマン先生に感謝申し上げます。愛するファンのみなさん、常に私たちNCTを多くの愛と関心で応援してくださり心より感謝申し上げます」と感想を述べた。続けてI.O.Iは「変わらない愛を送って下さったファンのみなさんに感謝申し上げる。再び新人になった私たちに今後ももっとがんばるようにという意味と受け止めた。もっと発展した姿をお見せしたい」と所感を明らかにした。

  本賞受賞者のGOT7は「いつも応援して下さるファンの方たちと常に私たちのために努力するJYPの家族に感謝申し上げる。私たちもさらに熱心に努力しもっとうまくなるようにしたい。2017年の新年を良い賞の受賞で始めるようで感謝申し上げる。今年もより良いアルバムを聞かせるGOT7になりたい」と明らかにした。続いてSHINeeのミンホは「私たちの末っ子のテミンが受賞した。テミンの代わりに本賞を受け取ったが、テミンがとても感謝し、さらに熱心に活動すると伝えてほしいと言っていた。同じメンバーとしてとても誇らしく頼れる弟だ。もう一度おめでとうと伝えたい」と話した。この日テミンは個人のスケジュールの都合で授賞式には参加できなかった。

  防弾少年団はこの日、本賞受賞者としてステージに上がった後、「パン・シヒョク・プロデューサーとファン、そして家族に感謝する」と話した。続いてVIXXは「大きな舞台で大きな賞を下さり感謝する。今年は良いことがいっぱいだったら良いだろう」と明らかにした。

  ゴールデンディスクは韓国の大衆歌謡分野で優秀なアルバムと歌手、制作者を選定する授賞式だ。1986年に第1回授賞式が開かれ、今年で31回目を迎えた。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事