玄副首相「日本の量的緩和、韓国の輸出競争力を低下させる」

玄副首相「日本の量的緩和、韓国の輸出競争力を低下させる」

2013年04月19日14時04分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  玄オ錫(ヒョン・オソク)経済副首相兼企画財政部長官が最近、日本の量的緩和が韓国など周辺国の輸出競争力を低下させると懸念を表した。

  玄副首相は18日(現地時間)、米ワシントンでラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事と会談し、このように明らかにした。玄副首相は「先進国の量的緩和によるマイナスの波及効果を緩和するための対策などが今回のIMFC(国際通貨金融委員会)およびG20(20カ国・地域)財務相・中央銀行総裁会議で深く議論されることを希望する」と強調した。

  玄副首相はルー米財務長官とシルアノフ露財務相と会った席でも、日本など主要先進国の量的緩和による景気浮揚策が周辺国に及ぼすマイナスの影響について懸念を表明した。また「これを緩和する案を今回のG20会議などで調整するべきだ」と主張した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事