韓国陸上、このままではいけない<2>自分の利益を優先する指導者(1)

韓国陸上、このままではいけない<2>自分の利益を優先する指導者(1)

2009年08月26日15時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ベルリン世界陸上選手権大会を控えた今月初め。オーストリアで合宿を指揮した代表チームのコーチ1人が大会開幕を数日後に控えて帰国した。 個人的な業務のためだった。 このコーチが指導する選手は13日、一人でベルリン入りし、低調な記録で予選落ちした。 代表チームのあるコーチは数年前、泰陵(テルン)選手村を離れて平日にゴルフをしていたことが明らかになり、更迭された。

  韓国陸上は24日(日本時間)にベルリンで閉幕した第12回世界選手権大会で全員予選落ちという最悪の成績表を受けた。 選手の精神力も問題だが、指導者の無責任と利己主義も指摘されている。

  ◇「外国人コーチに分かるはずない」=韓国陸上はこの数年間、数人の外国人コーチを招請した。 しかしほとんどが1年も持たずに帰っていく。 該当選手の所属チーム指導者が「指導方法が韓国選手に合わない」「選手の体調がよくない」「学校の授業を受けなければならない」などの理由を挙げて選手を度々呼び出すからだ。

  短距離種目の場合、日本人コーチが選手村に代表選手を集めて教えようとしたが、所属チームは「別の練習をするほうが効率的」と言って応じなかった。 外国人コーチから指導を受けた選手の記録が大きく向上した場合、自分たちの立場がなくなるからだ。

  有名選手だった代表チームのあるコーチは、陸上連盟が招請した日本人コーチに対し「私は現役時代、あなたよりも速かった。 あなたの指導方法は韓国の選手には合わない」と侮蔑したという。

  シン・ピルリョル陸上連盟名誉会長は「指導者は選手のために犠牲になり譲歩する姿を見せてこそ選手がついてくるが、いちいちけちをつけて自分の利益ばかり考える姿から選手が何を学べるのか」と語った。

韓国陸上、このままではいけない<2>自分の利益を優先する指導者(2)


【ホットクリック】

・ 【社説】残念な羅老号の夢…失敗も大事な資産だ
・ 五代富文博士「宇宙開発で失敗のない国はない…叱責より激励を」
・ 極秘結婚したイ・ヨンエ、3つのミステリーとは
・ ハーバード大「ソウル大をアジアのパートナーに」
・ チェ・ジンシルさん遺骨盗難事件で容疑者を検挙
・ 「韓食、食材が品切れになるほど人気」/ニューカレドニア
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事