韓国タイヤ、4年の挑戦の末にベンツで採用

韓国タイヤ、4年の挑戦の末にベンツで採用

2013年09月03日10時49分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  2009年6月、韓国タイヤのソン・ヨン常務(55)に分厚い書類が渡された。ドイツのメルセデスベンツから「新しく開発中の大型セダン『ニューSクラス』で使うタイヤの供給に参加してほしい」という要請を受けたのだ。ソン常務は「いよいよ実力を発揮する機会が訪れた」として歓声を上げたが、この時から途方もない課題が出されることになった。ベンツ側から要求される技術が「はい上がれない障壁」のようなものだった。たとえば時速250キロ以上でコーナーを回るテストで安定性を維持しなければならないといったものだ。大衆的な一般車は100~150キロ水準で充分だった。

  4年余りの挑戦の末に韓国タイヤは、今年6月からベンツの要求事項に合わせた超高性能タイヤ「VENTUSプライム」をニューSクラス用タイヤ(OE)として供給し始めた。期間は該当モデルがなくなる時まで、供給量は自動車の販売量によって調整される。韓国タイヤのマーケティングと経営運営本部を担当する趙顕範(チョ・ヒョンボム)社長(41)は3日、ソウルのロッテホテルで開かれたイベント「プレスデイ2013」で「ドイツの3大ブランドとOE契約を結んだのは米国・ドイツ・フランス・イタリア・日本の5カ国の企業だけ」としながら「今回の成果は品質においてこれらの企業と肩を並べるという意味」と話した。韓国タイヤは、アウディに2006年から他モデルのタイヤを供給しており、BMWには1・3シリーズ(小型車)に続き5シリーズ(中型車)までタイヤ供給を拡大している。

  趙社長は「トヨタ(カローラ)・ホンダ(シビック)・日産(アルティマ)など日本の3大自動車ブランドにもOE供給を増やした」とつけ加えた。

  グローバル事業を大幅強化するという計画も明らかにした。米国のジョージア・サウスカロライナ・テネシー3州を候補地に交渉中である現地工場への投資計画は年末に表面化する。これまでの中国・ハンガリー・インドネシア工場は増設に乗り出した。これらによって現在9300万個の年間生産量を2015年までに1億1000万個に増やす方針だ。世界で4400余りに上る営業網は2017年までに7700に拡大する。韓国タイヤの持ち株会社格である韓国タイヤワールドワイドの趙顕植(チョ・ヒョンシク)社長(42)は「タイヤに関連した産業を中心に、M&A(企業の合併・買収)計画も検討している」と話した。韓国タイヤは徐承和(ソ・スンファ)代表理事副会長(65)が経営を総括しながら、オーナーである趙洋來(チョ・ヤンレ)会長(76)の息子である趙顕植・趙顕範両社長がそれぞれ持ち株会社とマーケティングを担当する方式で運営している。昨年の売り上げは7兆291億ウォン(約6390億円)で業界7位に上がっている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事