「燃える車」汚名のBMW、今度はミニクーパーで火災=韓国

「燃える車」汚名のBMW、今度はミニクーパーで火災=韓国

2018年08月02日15時48分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ソウル狎鴎亭洞(アプクジョンドン)島山大路で走行中に火災が発生したBMWミニ。江南(カンナム)消防署から消防車が出動した。
  BMWグループコリア傘下ブランド「BMWミニ」の自動車で火災が発生していたことが最近、明らかになった。韓国国内でBMWブランドのディーゼル車に火災が発生した事例は多いが、BMWブランドのガソリン車で火災が発生したことが伝えられたのは今回が初めて。BMWグループコリアがBMW5シリーズなど主要車種欠陥調査を進行中という状況で確認された。

  ソウル江南(カンナム)消防署永東119安全センターによると、先月4日午後2時ごろ、ソウル江南区狎鴎亭洞(アプクジョンドン)島山大路交差点付近を走るBMWミニの自動車で火災が発生した。当時、島山公園交差点から乙支(ウルチ)病院交差点方向に走行していた赤のミニから煙が上がった。江南消防署側は「消防車が現場に到着した時、車がかなり燃えていて、すぐに鎮火した」とし「人命被害はなかった」と説明した。

  江南消防署火災現場調査書によると、この車はBMWのディーラー、ドイツモータース江南(カンナム)展示場が所有する法人の車両。現場調査書には「ミニクーパーのバッテリーとエンジン部が発火した」と記録されている。火災の原因についてBMWグループコリアは「車が全損し、火災の原因は分からない状況」とし「この車は顧客試乗用として運行していた車」と話した。

  現在リコール中のBMW車との関連についてBMWグループコリアは「構造的に完全に違う車であり、BMW火災事件とは関係ない」と主張した。

  これでBMWグループコリアの車両火災は計29件となった。2日午前11時47分にも江原道嶺東(ヨンドン)高速道路江陵(カンヌン)方面104キロ地点でBMW520d乗用車のエンジンルームで火災が発生した。

  一方、BMWグループコリアは先月26日、42車種・10万6317台をリコールした。現在、該当車種を対象に緊急安全診断を実施中であり、今月中旬から部品交換を本格的に進める予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事