世界8大屈辱事件に「尹昶重セクハラ」も…「国際的恥さらし」

世界8大屈辱事件に「尹昶重セクハラ」も…「国際的恥さらし」

2013年12月20日16時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
尹昶重(ユン・チャンジュン)元報道官。(写真=中央フォト)
  「世界8大屈辱事件」。

  2013年世界8大屈辱事件に「尹昶重(ユン・チャンジュン)セクハラ事件」が挙げられた。

  中国の新華社通信は19日、「国際ホットニュース、堪え難い人、堪え難い事件」という題名で、尹元報道官の事件を2番目に選んだ。同通信は「大統領の初の訪米行事でトップニュースに上がった報道官」と紹介して「尹元報道官が低質なセクハラ事件を起こして大統領の成果を台無しにした」と指摘した。

  このほかにも屈辱事件としては、米国シャットダウン事態、南アフリカのネルソン・マンデラ追悼式でのでたらめ手話通訳事件、イタリアのベルルスコーニ元首相の上院議員資格剥奪、マルタの国籍販売、サウジアラビアの国連安保理の非常任理事国資格辞退、自分の部下に拉致されたリビア首相事件、英国のキャメロン首相のシリア介入発表についての議会拒否事件などが選ばれた。

  世界8大屈辱事件のニュースにネットユーザーは「尹昶重氏、この頃どうしてる?」、「世界8大屈辱事件、国際的恥さらしだ」などの反応を見せていた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事