平昌五輪組織委、日本で大々的な広報計画…「多くの日本人が訪問することを期待」

平昌五輪組織委、日本で大々的な広報計画…「多くの日本人が訪問することを期待」

2017年09月22日08時36分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)を約140日前に控えて今週末、日本で大々的な広報行事が開かれる。

  平昌五輪組織委員会は21日「李熙範(イ・ヒボム)組織委員長、リュ・ギョンギ・ソウル市行政1副市長、カン・トクグ京畿道(キョンギド)連合政府副知事、崔文洵(チェ・ムンスン)江原道(カンウォンド)知事は23日、東京ビッグサイトで開かれる「ツーリズムEXPOジャパン2017」でメディアカンファレンスを開き、日本の現地メディアを対象に平昌冬季五輪の準備状況を説明する予定」と明らかにした。

  「ツーリズムEXPOジャパン2017」は9月21日から9月24日まで東京で開かれる世界的な観光博覧会だ。昨年は140カ国から19万人が参加した。

  今回のメディアカンファレンスにはNHK、フジテレビ、朝日新聞など日本を代表する30報道機関から約40人の取材陣が参加する予定だ。特に、フィギュアスケート日本代表選手だった安藤美姫も参加し、平昌五輪の成功を祈るメッセージを伝える予定だ。

  引き続き開かれるトークコンサートには韓流スターのSUPER JUNIORとT-ARAなどが参加するK-POPコンサートも開かれる。李熙範組織委員長は「今回の行事を通じて多くの日本人が平昌五輪を訪れることを期待する」とし「韓国と日本で相次ぎ開催される五輪は、両国のパートナーシップもより強化するきっかけになるだろう」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事