北「IOC、独島ない統一旗使用嘆かわしい…日本の陰湿で凶悪な策動」

北「IOC、独島ない統一旗使用嘆かわしい…日本の陰湿で凶悪な策動」

2018年02月16日08時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
南北選手が9日、平昌オリンピックスタジアムで開かれた2018年平昌冬季五輪開会式で韓半島の旗を持って入場している。(写真=共同取材団)
  北朝鮮は15日、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)で使われる統一旗(韓半島旗・朝鮮半島旗)に独島(ドクト、日本名・竹島)が外されたことに関連して「嘆かわしい」としながら国際オリンピック委員会(IOC)に遺憾を表明した。

  北朝鮮労働新聞はこの日。「独島は神聖な我々の領土だ」と題する個人論評を通じて、「国際オリンピック委員会は『政治的事案を体育と結びつけるのは不適切』という理由で独島が表記されていない統一旗を使うようにする誤った決定を採択した」とした。

  論評は「我々はずっと以前から国際オリンピック委員会に今回の冬季オリンピック競技大会で北と南が利用する統一旗に独島を表記することを強く要求した」と強調した。

  続いて「独島表記がどうしたら『政治的事案』になるのか」とし「独島は歴史地理的に見ても国際法的に見ても、徹頭徹尾、我々民族の神聖な領土だ。統一旗に独島を表記するのは極めて正当で、平和と親善を基本理念としているオリンピック競技大会(の趣旨)にも反しない」と伝えた。

  論評は特に、「日本が手段と方法を選ばず国際オリンピック委員会が、北と南が独島が表記されていない統一旗を使う決定を採択させるために、陰湿かつ凶悪に策動しただろうことは火を見るより明らかだ」と主張した。

  続いて「邪悪な島国種族が南北合同チームの訓練場所に独島が入った統一旗が掲揚されたと言いがかりをつけて、こちらに抗議するまでするとは、他人の土地も自分のものだと主張しながら、どれほど厚顔無恥に振る舞っているかをよく示している」とした。

  韓国に対しても「言葉だけで独島が我々の土地だとそらんずるのではなく、外勢の干渉と圧力に堂々と対抗して実地行動で独島守護の意志を示さなくてはならない」と指摘した。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 南北選手が9日、平昌オリンピックスタジアムで開かれた2018年平昌冬季五輪開会式で韓半島の旗を持って入場している。(写真=共同取材団)
  • 平昌冬季五輪を控えて4日午後、仁川の仙鶴(ソンハク)国際スケートリンクで女子アイスホッケー南北合同チームとスウェーデン代表チームとの評価試合が開催された。試合に先立ち、統一旗が掲揚されている。この統一旗には独島が描かれている。(写真=共同取材団)