“名古屋の太陽”宣銅烈、不正請託疑惑で国政監査の証人採択

“名古屋の太陽”宣銅烈、不正請託疑惑で国政監査の証人採択

2018年10月02日14時49分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
2018ジャカルタ・パレンバン・アジア大会韓国野球国家代表チームの宣銅烈監督
  2018ジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会で金メダルを獲得した韓国野球代表チームの宣銅烈(ソン・ドンヨル)監督が、今月10日から始まる国会国政監査の証人に採択された。

  国会文化体育観光委員会は2日、全体会議を開いて「2018年度国政監査証人など出席要求の件」を上程・議決した。委員会はこの日、宣監督ら22人の証人と参考人3人を今年の国政監査に出席する証人として採択した。これに伴い、宣監督は10日に文化体育観光部に対する国政監査に出席する。

  与野党文化体育観光委員会は宣監督に対し、アジア競技大会以降、いまも論争が続いている特定選手の兵役特例のための選手選抜などについて尋問する予定だ。これに先立ち、韓国清廉運動本部は宣監督を「不正請託および金品など授受の禁止に関する法律」違反で国民権益委員会に申告したことがある。団体は請託によって特定選手を選抜したとすれば法令違反に該当すると主張した。

  一方、国民権益委員会はオ・ジファン選手の選抜過程での請託疑惑に関連し、近く調査結果を出すと発表した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事